[CG]ジョブズは元気で家から仕事、アップルは大型タッチタブレットを検討中という朗報

次の記事

VidPay:簡単に使えるスポンサードビデオ広告プラットフォーム

ウォールストリートジャーナルがジョブズの近況を報じている。大部分はこれまでの情報の繰り返しだが、その中で「事情に詳しい」情報筋からの話として、ジョブズがいまでも家から仕事を指揮しているといっている。しかも、新製品の開発やiPhone OS 3.0など戦略にジョブズは欠かせない存在だとも。

同じ情報ソースによれば、アップルはiPhoneやiPod Touchの新モデルだけでなく、それより大型でかつラップトップよりは小さいタブレットについても検討中だそうだ。われわれのCrunchPadの強力な競争相手というわけだ。もっともCrunchPadのすべての始まりは昨年のこの記事だったけれど・・・

[WSJ]

[原文へ]

(翻訳:shiro)