アンドリュー・キーンのインタビュー:「Web 2.0はク○だ」

次の記事

ノンテクの経営マインドでも参加できるスタートアップ育成事業: Founders FundによるTechFellow Awardsの発表

さきほどTechCrunch EuropeのMike Butcherと私は、起業家でも作家でもあるアンドリュー・キーンの短かいビデオインタビューを終えたところだ。Web 2.0の終末について、また主としてTwitterによって駆り立てられた個人主義新時代の幕明けについて話を聞いた。

[Mike Butcher記] 物議を醸すアンチWeb 2.0の象徴であるアンドリュー・キーンが、アムステルダムで行われているNext Webで講演を行い、次の著書のために取り組んでいるいくつかのテーマの概要を話した。キーンは本人言うところの「アマチュア崇拝カルト」(*) 、即ち後にWeb 2.0として知られるようになる新プラットホームとともにブームを巻き起こしたソーシャルメディアを冷笑したことで、最もよく知られている。
【*訳注:”(The) Cult of the Amateur” 。同名の著書の邦訳は『グーグルとウィキペディアとYouTubeに未来はあるのか?』】

彼はその長いスピーチで(メモを見ることなく)個人主義の新時代について話した。産業革命が終った今、「われわれ」自身が「製品」だ。

われわれが迎えつつある「革命時代」には、従来型の産業メディアが個人によって一掃される、と彼は言う。これは同氏の前回の宣言でお馴じみだ。

しかし、スピーチがクライマックスに達したのは、会場全体に聞こえるように文字どおりこう叫んだときだった、「Web 2.0はクソだ。Web 2.0は使えない、収益も生まない」。その後、上のビデオの中でもそれを繰り返した。

キーンは、従来メディアはWeb 2.0と共に死に、テクノロジーによって自己表現が可能になっても、それは「存続可能なメディア経済ではない」と信じている。実際彼はこうも言った、「Web 2.0をリードするチアリーダーで、[例えば]YouTubeはうまくいかない、と結論を下しているTechCrunch」は利益を上げていない。これは調べてみないといけないかもしれない…。

しかし、一部のオブザーバーにとっては皮肉なことだろうが、現在キーンは本格的なTwitterファンだ。

じっさい彼はTwitterが「Web 2.0にとどめを刺す」と言っている。これは「個人の時代・・・将来個人がブランドになる時代の個人メディアの将来だ。スキルを持つ人たちがそのスキルをネットワークで売ることがてきる。私はこれをリアルタイム・ソーシャルメディアと呼ぶ。」

しかし、これは彼にとって「手ごわくて恐ろしい」ものでもある。「ダーウィンとマルクスが一緒にいるようなもの」。彼はTwitterを「封建的」であると考える。大勢のフォロワーを持つ者がかつての男爵のように振る舞い、手当たり次第にお気に入りを選ぶ・・・。

私の考え:自分のTwitterハンドル(@mikebutcher)に飾られてカンファレンスの後方に座っていると、たしかにわれわれがに個人の新時代にいるという彼の視点に反論することは難しかった。しかし、それを引き起こしたのはWeb 2.0よりはるかに大きい社会的な力(レーガン、冷戦の終結、市場の発展など)だったのだから、Web 2.0が来るずっと前から起きていたと言うこともできるだろう。キーンのいちばん面白いところは、Twitter自身と、Twitterが膨大な不平等も作り出しているという彼の警告(実際いつでも警告がある)のどちらにも同時に熱意を持っていることだ。ビデオの中で私は、Twitter有名人から「@」されるとフォロワーが増えることを指摘した。有名な格言「rising tide lifts all boats(上げ潮が来ればどのボートも持ち上がる)」のとおりだ。しかし彼は、これによって一番多くフォローされる者にパワーが与えられると言う。たしかにそれは真実かもしれないが、数は少なくても影響力のあるや役に立つ人がフォロワーにいることが大きなパワーになるのではないか? この話は最近ScobleとLoic Le Meurが戦わせた、Twitterの力がフォロワーの数で決まるのかという議論を思い出させる。じっさい、まだ審判は下されておらず、キーンの主張が正しいとすれば、これは彼がまだ対処する必要のある議論だろう。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

“アンドリュー・キーンのインタビュー:「Web 2.0はク○だ」” への1件のコメント

  1. […] アンドリュー・キーンのインタビュー:「Web 2.0はク○だ」 (tags: twitter media business) […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中