Google、レンタ山羊で雑草取り(真面目な話)

次の記事

オバマ大統領、ホワイトハウスの公式MySpaceページで驚異的なバスケの腕を披露

picture-3今日(米国時間5/1)、Googleがブログに掲載した記事はエープリル・フールのネタかと思われた―本社の周辺の草地の雑草を刈り取るのに山羊の群れをレンタルしたというのだ。しかしこれは冗談ではなく、Googleは本当に敷地の維持管理にこの「低炭素排出量」のアプローチを採用しているという。

Googleは山羊をCalifornia Grazingという会社から借りている。この会社は依頼があると200頭からの山羊を連れて現地にやって来て、1週間ほどかけて雑草を食べさせるのだそうだ。山羊の群れは草を食べるだけでなく、土地を肥沃にする効果もあるという(ご想像どおりの方法で)。

Googleは芝刈り機による作業とだいたい費用は同じくらいだとしている。さらにJenという名前のボーダーコリー犬がGoogleに雇われて山羊の群れの管理にあたっているという。従来この仕事にあたってきた作業員が山羊のおかけで失業したことについてどう思っているかについての情報は入手できなかった。

われわれはPETA〔動物の倫理的扱いを求める人々の会〕にこの件についてどう思うか問い合わせてみた。(私が最初に電話で話した相手はくすくす笑っていた)。後で公式コメントを出してくれるということだ。

アップデート: PETAはGoogleの山羊の利用について実際に公式コメントを出してくれた。こちらに全文を掲載してある。.

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)