%E7%9F%AD%E7%B8%AEURL%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%88%E3%81%B0%E3%80%81%E4%BB%8A%E3%82%84bit.ly%E3%81%8C%E4%B8%80%E7%95%AA

短縮URLといえば、今やbit.lyが一番


いやあ早かった。Twitterが標準のURL短縮サービスを(TinyURLから)bit.lyに変えて1日か2日もしないうちに、bit.lyが一番人気のURL短縮サービスになっていた。Tweetmemeがまとめたデータによると、現在bit.lyはTwitterで過去24時間に使われた短縮URLの46%を占めており、TinyURLのシェアは43%に落ちている。ほんのひと月ほど前、TinyURLのシェアは75%でbit.lyの13%を圧倒していた。Tweetmemeによると、bit.lyがTinyURLを抜いたのはきのうの夜のどこかだ。

URL短縮サービスは、Twitterの普及とその140文字制限のために人気を博してきた。Bit.ly、TinyURLをはじめとするサービスは、リンクを〈Twitterに優しい〉短縮URLに置き換えて本来のページに転送する。一社のURL短縮サービスに統一することによって、Twitterはリンクされたページの基礎データを入手することができ、リンクのインデックス化計画に役立てられる。すべては検索と思考ストリームのデータマイニングのためだ。

Bit.lyの親元Betaworksが、これもかつて出資していたSummizeは、リアルタイム検索エンジンが必要だと気付いたTwitterに買収されたスタートアップだ。

いったい今bit.lyの評価額はいくらになるのだろう。

(情報をくれたJenna Worthamに感謝)

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Atsuhiro Teshima
単語学習では、なぜか国際展開を全然しないiKnowがレベル高いと思うのでこちらにも頑張って欲しい。英…
名無し
単語を見る→知ってるか知らないかを判別する→それを繰り返して→知ってる単語を増やすという流れですよね…
そーみ
覚えてもすぐ忘れそう。まあ、繰り返しが大切だね。
Ichiro Mizoguchi
なぜにmikan という名前なんでしょうか。学習効果高そうなので、名前付けの理由気になりますねぇ。