GoogleのSkyMapは、星空のバーチャルファインダー

次の記事

Twitter発言内リンクのリアルタイム検索が大流行。Tweetmeme、OneRiotとほぼ同時にサービス提供を開始



Googleは、今日(米国時間5/12)のSearchologyイベントを、とてつもなく印象に残るアプリケーションで締めくくった。その名はSkyMap、Android携帯用である。このアプリは今日からAndroid Marketplaceで公開されるが、是非とも手に入れたいアプリだ。

一見すると、何の変哲もない対話型星座表だ。空をフリックしながら好きな星を見ることができ、星座絵を重ねて見ることもできる。しかし、このアプリにはもっとずっと魅力的な機能が備わっている。携帯電話機の方位コンパスと加速度センサーを使うことによって、SkyMapが宇宙へのバーチャルファインダーになるのだ。電話機を好きな方向の空に向ければ、今見ている星が何であるかを教えてくれる。

特に探している星座があれば、アプリのデータベースを使って検索できるし、それがどこの空にあるかを探すのをSkyMapが手伝ってくれる。わかりやすい矢印を使って、どの方角へ向けばいいのかを教えてくれる。目標が近づくと、画面上に丸印が現れて、星座を構成する星全体を囲う。これぞ天体マニア長年の夢だ。

おそらくもっとすごいのだろう。これはわれわれのモバイル機器でできることのほんの一部にすぎない。いまや携帯電話は通信機器をはるかに越える存在になりつつある。われわれの生活の効率を高め、幅を広げるための道具になってきている。いまや、リアルな世界でわれわれが何を見ているのかもわかるようになり、状況に応じた情報をリアルタイムで提供してくれるまでになったのだ。



[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)