誤植にあらず:Six ApartがライバルWordPressにプラグインを提供

次の記事

これはヒドすぎ:ネコがTwitterでフォロワー50万人を3ヵ月で集める

ブロギングプラットホーム、Six Apartのチーフ・エバンジェリスト、Anil Dashが本日(米国時間5/17)、同社のブログ用アドオン機能群をWordPressユーザーが使うためのプラグインを提供開始したと発表した。Dashは、WordPressのブロガー集会であるWordCamp Mid-Atlanticで、この発表を行った。Six Apartの機能の一部はこれまでもWordPressユーザーが利用できていたが、サービス一式をライバルプラットホームに提供するのはこれが初めてだ。提供機能される以下のとおり:TypePad AntiSpam(オープンソースの無料アンチスパムサービス)、TypePad Connect(コメント用プロフィールサービス)、同サイトの広告ネットワークであるSix Apart Mediaの組み込み、ブログディレクトリーBlogs.comへの登録。

Dashによると、これはSix Apartが一連の機能をWordPressユーザーに提供するとりあえずの取り組み第一弾の「ほんの一歩」だそうだ。両ブロギングプラットホームの長年のライバル関係を考えると、これはちょっとした出来事だ。昨年この二社は、会社ブログの記事TwitterさらにはTechCrunchのコメント欄を舞台に激しいバトルを演じた。

おそらく今回のSix ApartとWordPressの統合は、両ライバルが和解するきっかけになることだろう。そしておそらく、ブロギング界に広く普及しているプラットホームであるWordPressと統合することは、Six Apartにとって戦略的行動のひとつなのだろう。一つ間違いないのは、これが多くのWordpressブロガーにとって天の恵みだということ。SixApartの便利な機能の一部を、プラットホームを乗り替えるることなくプラグイン経由で利用できるようになるのだから。WordPressも、自前の機能をブロガー向けに無償または有償で提供しており、統計システムや、コメント付けとスパムのテクノロジーであるAkismet(TechCrunchで利用中)などがある。

DashがWordPress用プラグインやブロギングについて語っているビデオクリップを貼っておいた。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

“誤植にあらず:Six ApartがライバルWordPressにプラグインを提供” への2件のフィードバック

  1. […] link: 誤植にあらず:Six ApartがライバルWordPressにプラグインを提供 Share and […]

  2. […] 詳細は誤植にあらず:Six ApartがライバルWordPressにプラグインを提供詳しいですが、スパム対策やコメント・プロフィール(=Gravatar+αのようなサービス?)などらしい。個人的には、SixApartがWordPressプラグインをリリースする事に決めたと言う決定とその流れに「へぇ~」と思いましたが、少なくとも今回発表されたプラグインについては「ふぅ~ん」程度。WordPressに既に存在する機能をわざわざSixApart社製に乗り換える必要性は今のところ感じないなぁ。どちらかと言うと、MTやTyePadからWordPressへ移行するのを躊躇していた人たちに朗報かと思います。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中