Facebookの新アプリディレクトリーを散策する

次の記事

調査レポート:iPhoneアプリの価格は下がっている


Verified Applications on Facebook — Recommendations from Sandra Liu Huang on Vimeo.

昨日(米国時間5/20)われわれが予言したとおり、Facebookの新アプリケーションディレクトリーとVerified Apps(検証済みアプリケーション)プログラムが正式スタートした。今回のリリースで入っる機能については既に大半知ってはいたが、現物を見るのは初めてだ。何が変わったか見てみよう。

新しいディレクトリーではアプリをさまざまなカテゴリー別に分類できるようになり、サイト外にあるアプリ(Facebook Connect経由と思われる)や、デスクトップアプリケーション、”Facebook Connect for iPhone”を使ったiPhoneアプリなどを見ることができる。ディレクトリーページのトップには、ハイライトセクションがあり、Facebookスタッフが薦めるアプリケーションが、必ずしも人気の高くないものであっても紹介されている(同じような戦略はAppleのApp Storeでも採用されている)。

新たに、ディレクトリー自身にもフィードが組み込まれた。ページの下の方を見ると「友達の最近の利用状況」というエリアがある。ここには、友人たちが使っているサードパーティーアプリケーションから送られてくる近況が表示される。項目の中にはメインのニュースフィードに載っているに違いないものもあるので、やや冗長かもしれないが、それでも便利であるには違いない。

アプリケーションページも改訂されて、Facebookの「Pages」のようなことができるようになった。つまり、ユーザーがアプリの「ファン」になって、ニュースフィードで近況を読める。

そして最後が(かつ恐らく一番重要なのが)Verified Appだ。Verified Appであることを示す緑色のチェックマークは、アプリ評価の星印の隣に控え目に置かれている(目立なすぎて気付かないのではないかと思う)。しかし、ユーザーがすぐに気付かなかったとしてもあまり問題ではない。なぜなら、Facebookがアプリケーションをディレクトリーに載せる際に、Verified Appをはっきり優遇しているからだ。Verified Appは、よく目立つ「おすすめアプリケーション」に優先的に載せられるので、かなりのトラフィックを見込めるに違いない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中