MozillaのJetpackでブラウザの拡張機能の開発がこう変わる

次の記事

YouTubeのブランド囲い込み戦術:チャンネル用にGoogle Analyticsを提供

Mozillaの研究開発部門(Labs)が発表したJetpackプロジェクトを見ると、WebブラウザとしてのFirefoxの今後の方向性が分かる気がする。プロジェクトはまだ開発のごく初期段階だが、それはどうやら拡張機能(エクステンション)の開発やインストールを効率化するシステムで、デベロッパはWeb上のツールを使ってFirefoxに新しい機能を導入でき、またインストール等に際してのユーザの負担も最小化することが目的のようだ。

Firefoxの拡張機能(エクステンション)は、これまでずっと、このブラウザの最良の部分の一つだった。これによりユーザは自由に、自分が必要とする機能を加えたり、あるいは取り去ったりできる。しかし、エクステンションのインストールはユーザにとって比較的簡単な作業だが、ブラウザをリブートする必要があるために、本来のWeb閲覧を中断しなければならない。Jetpackではそれがなくなり、クリックしてインストールすればそれで完了だ。数秒後には、新しいウィジェットやアプリケーションが使えるようになる。

Jetpackはこう説明されている: “Webの技術(HTML、CSS、Javascripなど)を使ってブラウザをより強力にするための探求であり、その目標は、Webサイトを作れる人なら誰もがWebをより良い仕事やコミュニケーションや遊びの場にしていけることだ”。言い換えると、Web関連の開発ができる人ならJetpackのアプリケーションも作れるということ。デベロッパは、MozillaのWebサービスであるBespin環境と、人気の高いエクステンションFirebugを使ってコードを書く。アプリケーション開発がどれだけ容易になるか、それについては下のビデオを見ていただこう。

現時点ではデモアプリケーションがそんなにたくさんないが、とにかくJetpackのホームページへ行ってJetpack 0.1をインストールすれば今あるものを試せる。なお、Jetpackそのものは、インストール時にブラウザのリブートが必要だ。デモアプリはここここにあり、天気予報、Delicious Notifier、広告ブロッカーなどのアプリケーションが揃っている。今開いているすべてのタブ上の画像を全部集めるという、なんの役にも立たないようなアプリケーションもある。


Mozilla Labs Jetpack – Intro & Tutorial from Aza Raskin on Vimeo.

Jetpackはまだまだ初期段階なので、最終的にどれだけ強力なシステムになるのか、従来のエクステンションの開発方式/インストール方式を完全に置換してしまうものなのか、それは分からない。従来のエクステンションと違ってこの新しいプロジェクトは、信任されたWebサイトがブラウザ経験を個々のサイトごとにカスタマイズできるもののようだ。それが実現すれば本当に便利だろうね(逆に、ユーザに迷惑をかけるものになるかもしれない?)。

[原文へ]

(翻訳:hiwa)