Google Translator Kit―機械翻訳+クラウド翻訳ツール登場

次の記事

「飛行機に乗ったギーク(GeeksOnAPlane)」グループが東京で学んだこと

昨日(米国時間6/9)、Googleがブログ記事でリリースを発表したTranslator Toolkitを取り上げたブログはあまり多くなかった。しかしこのサービスは注目に値する。少なくともWikimediaはこのツールをWikipediaが多言語に対応する方法を劇的に変える可能性があると評価している。.

詳しいレビューはGoogle Blogoscopedに掲載されているが、簡単に要約してみよう。

ユーザーはGoogle Translator ToolKitに各種フォーマット(HTML、Microsoft Word、Rich Text、OpenDocument Text、text)のローカル文書をアップロードする。あるいは、WikipediaとGoogle Knolの項目の場合にはURLを入力する。送信されたファイルはGoolgeTranslatorで機械翻訳された後、Workbench’と呼ばれる画面にオリジナルテキストを並べて表示される。

Googleは「翻訳メモリー」を検索してアップロードされた文書の中にすでに人間の手で翻訳された部分を探す。もし人力翻訳された部分が見つかるとSearch Resultsタブに表示される。部分一致した箇所、完全一致した箇所は色分けして表示される。ユーザーはこれをさらに編集すればよい。同時にComputer Translationタブには機械翻訳された結果が自動的に表示される。またGoogleは多言語辞書を検索して特定の単語の翻訳を助ける。またDictionaryタブからGoogleの他言語辞書を手動で検索できる。

このツールは自己学習機能がある他に、とても簡単に共同で翻訳作業を行うことができる。Googleの優秀な機械翻訳に、いわば人力によるクラウド翻訳機能がプラスされた。

ArabCrunchの情報提供に感謝)

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)

“Google Translator Kit―機械翻訳+クラウド翻訳ツール登場” への1件のコメント

  1. […] Google Translator Kit―機械翻訳+クラウド翻訳ツール登場 – TechCrunch […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中