Facebookがついに合衆国でもMySpaceを抜き去る

次の記事

ngmocoがSegaの社長Simon JefferyをスカウトしてiPhoneゲームのためのネットワークを立ち上げ

ついに、来るものが来た。comScoreが今日(米国時間6/15)発表した5月のデータによると、Facebookは今や、合衆国でもMySpaceと肩を並べた。実はFacebookのユニークビジター数が70,278,000、MySpaceが70,255,000だから、“ついに抜いた”と言ったほうが正しい。全世界レベルでFacebookがMySpaceを抜いたのは昨年だったが、合衆国では3月の時点でさえ、ユニークビジター数はMySpaceのほうがFacebookよりも900万多かった

5月にFacebookは合衆国で、2800万の新規ユニークビジターを獲得したが、最近低迷し、そのためにCEOの首をすげ替えたMySpaceは、同じ月に約70万のユニークビジターを失った。数か月前には、この夏の終わりごろにはFacebookがMySpaceに追いつくと思われたが、夏まで待つ必要はなかった。

MySpaceが短期間で形勢を逆転するとは考えられない。”名前入りURL“のロンチを成功させたFacebookは、これからさらにもう一山、急上昇しそうな気配すらある。ロンチ直後のわずか15分間で、50万人もの人が名前入りURLを登録した。今日中に、登録者総数は600万に達するものと思われる…ロンチからわずか3日だ。ブログからメジャーなマスコミに至るまで、ありとあらゆるところで、再びFacebookがビッグな話題になりつつある。

しかも、今騒がれている新機能(名前入りURL, vanity URLs)は、MySpaceには前からあった機能だ。このことを見ても、両者の勝負がついたことが明らかだ。逆にMySpaceは最近、Facebookふうのサイト全域用IMツールバーを設けたが、まったく話題にならなかった。

[原文へ]

(翻訳:岩谷 宏(hiwa))