Twitterの怒濤の急成長、ここで一休み

次の記事

Facebookがついに合衆国でもMySpaceを抜き去る

今年に入ってから毎月すさまじい成長を続けていたTwitterが、5月には小休止したようだ。今日(米国時間6/15)comScoreが発表したデータによると、5月の合衆国のビジター数は1760万で、4月にcomScoreが記録した1700万に比べ、わずか3.5%の増加だ。たった一月(ひとつき)で傾向を云々することはできないが、4月の82%や3月の131%に比べると、まるで急ブレーキをかけたような減速だ。最近のCompeteのデータも同様の成長鈍化を示している。

これらはあくまでも合衆国だけの数値だ(ComScoreの計測によると、Twitterの4月の全世界のユニークビジター数は3200万)。でも、これまでのTwitterの全世界のビジター増加率はほぼ合衆国と肩を並べていた。ただしこれらの数はTwitter.comを訪れた人の数であり、登録ユーザないしアクティブユーザの数ではない(後者はもっと少ない)。ある数え方では、5月のTwitterの登録アカウント数は約1150万である。それにたぶん、Twitterのメッセージへのアクセスの約半数は、ケータイや、Tweetie、Tweetdeckなどのデスクトップクライアントから行われており、それらはcomScoreの数に含まれない。

過去数か月は、政治家、テレビジャーナリスト、世界のセレブたち、それにかわいい猫たちまでもTwitterに殺到し、大きな宣伝効果を上げた。たくさんの人たちが好奇心からTwitterを訪れ、そして決して再訪しない。今年初めの驚異的な成長のあとに、小休止が訪れることは、当然予測できたはず。でも、Twitterが今後リピーターを増やすことに成功しなかったら、この小休止は今後の長期的な“横ばい”や“下降”に転じ、本来の安定的Twitterユーザの妥当な数だけを示すことになるだろう。

きみは、どう考えるかな? Twitterは成長のピークに達したのか?

[原文へ]

(翻訳:岩谷 宏(hiwa))

“Twitterの怒濤の急成長、ここで一休み” への4件のフィードバック

  1. twitter上にいる芸能人・有名人を一挙に20人まとめてみた。…

    今日ふと、tech crunchのtwitterの伸び方の尋常じゃなさを発見しました。凄すぎます・・・。
     
    その裏で、偶然仕事の都合上、芸能人のアカウント取得情報を調べていたので、せっかくなの…

  2. […] Wilsonは最近のTwitterの本質的な成長ぶりを、Googleの初期の成長と比較し(ただしTwitterの最近の減速には触れなかった)、出資先企業のウェブサイトと自身のブログへのトラフィック分析の一部を紹介した。主要なトラフィックの源泉はGoogleだが、過去12ヵ月間にTwitterのトラフィックが毎月30~40%伸びている。今や各ウェブサイトにとってTwitterが重要なトラフィック源となりつつあり、Googleの約20%のトラフィックをもたらすところまで来ている。 […]

  3. […] Twitterに対する一般的な関心度を測る尺度として、同ウェブサイトを訪れる人数がある。全世界での数字がcomScoreにある。2009年5月には、3730万人がTwitter.comを訪れ、これは2009年4月の18%増であった。前月比は4月の68%から減速しているが、comScoreの米国内5月の3.5%増と比べれば悪くない。 […]

  4. […] 以上は月毎の比較だ。年間でみると、今でもTwitterの方が(2614%)Facebook(124%)より成長が速い。これは、元々人数が少なく急成長を遂げた年だったからだ。しかし、少なくとも米国内では、その急成長の勢いも4月以来減速している。4月から7月の間に、Facebookのユニークユーザー数は30%を伸びをみせたが、Twitterは25%にすぎなかったので、この月だけの異常値ではなさそうだ。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中