NBAのスーパースター、シャキール・オニール、キャバリアーズへの移籍をTwitterで知る

次の記事

[CG]トラにもゾウにも負けないパナソニックのToughbook

shaq9またまたTwitterネタだが、今晩(米国時間6/24)、アメリカ・プロバスケット・リーグのスーパースター、シャキール・オニールがフェニックス・サンズからクリーブランド・カバリアーズにトレードされたというビッグ・ニュースが発表された。みんな大騒ぎだ。 しかし、なんと、シャック自身がそのニュースを知ったのはTwitterだった。

本物のシャックのアカウント、@THE_REAL_SHAQを覗いてみると分かる。「クリーブランド・カバリアーズに移籍ってホントかい?(is it true u a CLEVELAND CAVALIER)」というメッセージに対して、シャックは「聞いてねーぞ(I didn’t hear dat)」と答えている。数分後、誰かがシャックにこのメッセージを送った。「あんたクリーブランド行きだよ…シャックはTwitterでトレードされてんのに気がついたってさ wwww (U CLEVELAND BOUND …shaq found out he was traded thru twitter! lmao….hahahaaaaaa)」。それに対するシャックの反応は、「なーるほど。(I kno right.)」だった。

その後、シャックは沈黙している。エージェントがちゃんと説明の電話を入れてやっているとよいのだが。これでさっそくクリーブランドの若きスター、ルブロン・ジェームズがシャックの移籍でチャンピオン・リングに近づいたぞ、といったたぐいのTwitterメッセージが氾濫することになりそうだ。このトレードはシーズン中からもずっと噂に上っていた。シャックもカタがついてほっとしていることだろう。実はクリーブランドは私のホームタウンでもある。カバリアーズ、万歳。

シャキール・オニールはTwitterの有名人ユーザーの中でもトップクラスだ。フォロワーは140万人を超えている。

これでまたTwitterが最初にビッグ・ニュースを伝えた例が増えた―もちろん現在イランで起きている深刻な状況と意義は比べものにならないが。

picture-216

picture-124

picture-313

picture-411

[thanks Jon]

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)