Internet Explorer、3月からシェア11.4ポイントをFirefox、Safari、Chromeに譲る

次の記事

Twitter + World Of Warcraft=Tweetcraft

新ブラウザー戦争真っただ中である。MicrosoftがInternet ExplorerでNetscapeの息の根を止めてから10余年、ブラウザー市場の競争はかつてなく激しい。つい先週、MozillaがFirefox 3.5を公開し、ダウンロード数はすでに1400万近い。6月にはAppleがSafari 4を公開した。3月には、MicrosoftがInternet Explorer 8を出し、GoogleはChrome高速化されたベータ版を送り出した。

ブラウザーの市場シェアと、ユーザーがいかに早くアップグレードしているかを示す速報データを見てみよう。上に貼ったStatcounterのグラフによると、Internet Explorerは3月以降、市場シェアを11.4ポイント失っている。これはIE8,IE7、IE6を合わせた数字だ。IE8(ライトブルーの線)は3月の公開以来確実に伸びており、7月4日時点のシェアが16.7%。この大幅な上昇で、IE7の市場シェアが3月の49.1%から昨日の30.1%へと下落した分をほほ補っており、Microsoftは既存のIE7ユーザーを着実にアップグレードさせることに成功していると言える。6月中旬には、ついにIE8がIE6を抜いたが、そのIE6も未だ頑に7.6%のシェアを守っている。しかし3者を合わせた(IE6+IE7+IE8)IE全体のシェアは54.4%で、2009年3月の65.8%から減少している。

わずか3ヵ月あまりの間に、Internet Explorer全体の市場シェアが11.4ポイントも消滅したことになる。その分はいったいどこへ行ったのだろうか。行き先はFirefox、Safari、Chromeだ。半分近い5ポイント弱がFirefox 3.0に移り、シェア27.6%となった。これには先週の[3.5]アップグレードは含まれていない。IE8のすぐ下の点線をご覧いただけるだろうか。これが、Firefox 3.5、Safari 4、Chrome 2.0を合わせた「その他」のブラウザーを表している。

同グラフの30日間版を見ると、Safari 4が4%、Chromeが3%のシェアをそれぞれ示している。Firefox 3.5は見えていないが、先週IE6をほぼ抜き去った点線(その他のブラウザー)の殆どをこれが占めていると考えれば、Microsoftからシェアを奪っているのがどのブラウザーかは見当がつくだろう。(この記事では最新のグラフのデータを使っているが、下に貼った月毎のグラフは6月30日現在)。

上にも書いたように、これは一情報源による速報データである。これもよく引用されるブラウザー市場シェアの情報源である、Net Applicationsは、現在6月の数値を検証しているところだが、同じ傾向を示すだろうと私は予測している。(このWikipediaページにも、他のブラウザー市場シェアのデータソースが複数載っているが、殆どが3月以降更新されていない)。あらゆる主要(あるいは弱小)ブラウザーがユーザーをアップグレードさせようとする度に市場シェアが急速に変動するため、現時点で確定的な結論を出すのは難しい

しかし、現在われわれはIE、Firefox、Safari、3者同時の主要アップグレードサイクルの最中にいる(予測不能の伏兵Chromeも参入)。結局最後にはこの市場シェアに大きな再編が起こり、主導権がIE7から別のブラウザーへと移ることはほぼ確実だ。問題はそれが、IE8なのかFirefoxなのかということ。どちらが勝つにせよ、ついにIE6が消えることは朗報である。

Source: StatCounter Global Stats – Browser Version Market Share

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

“Internet Explorer、3月からシェア11.4ポイントをFirefox、Safari、Chromeに譲る” への5件のフィードバック

  1. […] Internet Explorer、3月からシェア11.4ポイントをFirefox、Safari、Chromeに譲る Internet Explorer、3月からシェア11.4ポイントをFirefox、Safari、Chromeに譲る […]

  2. […] YouTubeはIE6のサポート打ち切りについてまだ公式に発表していない。しかし、YouTubeもDiggと同様、エンジニアの時間を、IE6のような時代遅れの化石のお守ではなく、はるかに高機能な新しいブラウザへの対応に使いたいところだろう。われわれも最近、IEがFirefoxとSafariに急速に市場シェアを食われていることを紹介している。 […]

  3. […] FirefoxはIEが長年にわたって独占してきたブラウザ市場に大きなシェアを獲得している。最近の統計によると、IEのシェアは54%にまで落ち込み、Firefoxが30%に近づいている。ほんの数年前までIEのシェアが90%を超えていたことを考えると信じられないような躍進ぶりだ。 […]

  4. […] ここ数カ月、FirefoxとChromeが伸びるにつれてIEは市場シェアをじりじりと失い続けている。しかしユーザーがFirefoxに固執する最大の理由であるエクステンションがChromeにも開放された以上、私はChromeがFirefoxのシェアに食い込むことはありうると思うようになってきた。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中