ウルムチの暴動の後、中国政府はTwitter、Facebookをブロック中

次の記事

[CG]SoundblockはコンパクトでかわいいiPod用ミニスピーカー

先週末、中国の新疆地区で死傷者が出た暴動が起きて以来、 中国政府は、例によって、外国のウェブサービスから市民に情報が伝わらないようあらゆる努力をしている。中国政府は、インターネットを全面的に停止することはできないものの、検索エンジンを検閲して暴動に関する情報を削除し、Twitterをブロックした。さらに、現在、中国本土の多くの地域で市民がFacebookにアクセスすることが制限された。2週間前、中国ではGmail、Google Apps、Google Talkを含むほとんどすべてのGoogleのサービスがブロックされた

Web2AsiaのGeorge Godulaによると、

中国時間の今日午後8時以降、中国本土からFacebookにアクセスができなくなったもようだ。われわれの上海オフィスではChina Telecomを使っているが、7:45pmにFacebookへの接続が切れた。香港の友人はまだFacebookにアクセスできている。

WebsitePulseで簡単にテストしてみたが、少なくとも一部の地域ではTwitterとYouTube(こちらはしばらく前から制限がかかっている)、そしてさらにFacebookもブロックされているようだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01