google chrome os

GoogleがMicrosoftに核爆弾を投下, その名はChrome OS

次の記事

大新聞に比べて少部数の新聞はもっとあとに死ぬかもしれない

googlechromelogo

これは、すごいぞぉ! Googleのデスクトップオペレーティングシステムをめぐる噂は、これまでも消えることなくずっと続いていた。それはAndroidと並行して発表されるモバイルOSのことかな、と思った人もいる。それは違ったが、噂は生き延びた。それもそのはず、それは噂ではなくて本当だったからだ。

Googleの計画によると、2010の後半にGoogleはGoogle Chrome OSなるものを世に出す。それは、Chromeブラウザをネットブックの上で動かすための、完全に新しく設計されたオペレーティングシステムだ。Googleは同社のブログにこう書いている: “私たちは、オペレーティングシステムとは何であるべきかについて、根本から再考した”。

このことの意味を、考えてみよう。これはGoogleによる宿敵Microsoftに対する爆撃だ。ブログ記事の冒頭には、こんなせりふもある: “しかし、ブラウザがその上で動くオペレーティングシステムは、Webがない時代に設計されたものだ”。誰のことを指しているのか、分かるよね。

しかも、タイミングと手口が巧妙だ。今、ネットブックがますます多く売れているが、そのOSはWindows XP、つまり8年前のシステムだ。それはプロセッサとしてPentium IIIとPentium 4を想定している。GoogleのChrome OSは、今ネットブックで多く見かけるx86とARMのチップを対象にしている。それに同社は現在、来年このOSの搭載機がたくさん市場に出回ることを目指して複数のOEMと交渉している。

当然、このChrome OSはChromeブラウザがそうであるように、軽量で高速だろう。また、ブラウザと同じくオープンソースだろう。MicrosoftがWindowsをそう簡単にオープンソースにすることは、考えられないね。

Googleはこう書いている: “これからやらなければならないことがたくさんあるから、このビジョンの達成のためにはオープンソースのコミュニティからの多大なる助けが絶対的に必要だ”。Googleは各大学に、Microsoftと戦う兵士を募集するための受け付けテント小屋を作ったほうがいいね。

どんなアーキテクチャかというと、Googleによれば、“Linuxのカーネルの上に新しく作ったウィンドウシステムがあってその中でChromeブラウザが動いているもの”だそうだ。要するに、WebがOSになるのだ。だからアプリケーションデベロッパが開発するものは、今Web上で開発しているものと同じだ。この考え方は、Palm PreのwebOSと似ているが、Googleが念を押すのは、Chrome OS用に開発されたアプリケーションはどのOSの上のどのブラウザ…ただし標準準拠製品…の上でも動くという点だ。

Googleは、新しいOSを作ろうとしているのではなく、OSが要らない…OSが何であるかを問わない…ためのベストの方法を作り出そうとしているのだ。

では、なぜAndroidではなくOSなのか? 今Androidはネットブックにも立派に移植されているではないか? Googleは、重複の存在を認めるが、同社が言わない重要な違いはx86対応であることだ。Androidはそうじゃない。Chrome OSはx86の上で直接動く。しかもGoogleは、Chrome OSのWeb中心性を強調したい。Androidはもっといろんなことができる…ブラウザ上のWebアプリケーションがすべてではない。

しかしChrome OSでは、すべてのアプリケーションがWebアプリケーションだ。HTML 5がそれに果たす役割も大きい。今は、コンピュータがWebに接続していないとWebアプリケーションを使えないが、HTML 5ではオフラインでもブラウザでWebアプリケーションを使えるようになる。アップロードは、再び接続してからするのだが。

今年のGoogle I/OでVic GundotraがHTML 5を強力にプッシュした理由が、今となって分かるね。あのときはGoogle Waveなんかとの関連でHTML 5が話題になった気がしたが、実はGoogle Waveは、Chrome OSという宇宙の中の、たくさんの新しい形のアプリケーションの一つにすぎないんだ。

しかし、MicrosoftにはWindows 7という切り札がある。Windows XPが8年前のシステムで、Windows Vistaはネットブック上で評判の悪いOSだが、Windows 7はネットブック向けにばっちり最適化されているかもしれない。いや、Microsoft自身がそう望むべきだ。でないと、ネットブックの96%がWindowsだという現実も、1年後にはどうなっているか分からないね。

Googleは来年の発表に先がけて年内にChrome OSのソースコードをリリースする計画だ。つまりそれは、Windows 7の発表と同じタイミングだ。Microsoftはそのとき、一体なんて言うだろう? 来週の大きな大会で、話題になるかな?

[原文へ]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

〔この記事のカット写真は不適切と判断し、削除いたしました。ご不快を感じられた読者の皆さまに深くお詫びいたします。なお、この記事へのコメントは締め切らせていただいております。ご了承いただきたくお願い申し上げます。(日本語版編集部)〕

“GoogleがMicrosoftに核爆弾を投下, その名はChrome OS” への34件のフィードバック

  1. […] そして今度はどうだっ!、GoogleはChromeの背中にでっかいドライバの袋(Linuxカーネルとも呼ぶ)をくくりつけて、それをGoogle Chromeオペレーティングシステムと呼んでいる。もう誰にも、オペレーティングシステムじゃないなんて言わせないぞ。 […]

  2. Jungle Java より:

    Jungle Java – Google が Chrome OS を発表…

    Google が同社独自のOS 「Google Chrome Operating System」 の開発に着手したことを発表しました。「Android」 とは独立した新規プロジェクトで、同OSを搭載したネットブックが2010年後半に登場予定…..

  3. […] GoogleがMicrosoftに核爆弾を投下, その名はChrome OS GoogleがMicrosoftに核爆弾を投下, その名はChrome OS […]

  4. […] GoogleがMicrosoftに核爆弾を投下, その名はChrome OS (tags: Google Chrome Microsoft OS) […]

  5. GoogleのChrome OSはWindowsを殺すのか(1)…

    ついに、Googleが動き出した。コンピュータの歴史において、私たちは新たな波が到来することを目撃するかもしれない。グーグルがパソコン用OSの「Chrome OS」を発表したのだ。 最初にコ…

  6. […] ■GoogleがMicrosoftに核爆弾を投下, その名はChrome OS ■そうして社会にでると、非コミュであることを理由に避けられ […]

  7. グーグル先生の本気? Netbook向けに「Chrome OS」でMicrosoftと臨戦態勢…

    グーグル先生がAndroidだけでなく更に本格的なOSを提供してくるとの事。Googleが独自OS開発 Netbook向けに「Chrome OS」提供へこちらを見ると、グーグル側の挑戦的な文言も見れる。GoogleがMi…

  8. […] GoogleがMicrosoftに核爆弾を投下, その名はChrome OS(TechCrunch japan) Googleは、新しいOSを作ろうとしているのではなく、OSが要らない…OSが何であるかを問わない…ためのベストの方法を作り出そうとしているのだ。 […]

  9. Google x86/ARMをサポートするChrome OSを開発…

    今回のもとネタはこちら。
    『Google开发操作系统Chrome Os支持x86/ARM』

    【翻訳文】
    かつてブラウザは作…

  10. […] Googleの新しいChrome OSがMicrosoftに対する直接攻撃であるとさんざん言われている中、Appleにとってどういう意味があるのかを、一部の人々が注目し始めるのも当然だろう。世界で2番目に普及しているOSを作っている会社である。答えはこうだ。Apple社の製品には、ほとんど影響がない。取締役会には、ずっと大きく影響する可能性がある。 […]

  11. […] Googleが発表したばかりのChromeオペレーティングシステムに関する質問の回答を始めた。今日(米国時間7/8)、短いFAQの中で、価格と初期パートナーについて書いている。 […]

  12. […] GoogleがMicrosoftに核爆弾を投下, その名はChrome OS これは、すごいぞぉ! Googleのデスクトップオペレーティングシステムをめぐる噂は、 これまでも消えることなくずっと続いていた。それはAndroidと並行して発表される モバイルOSのことかな、と思った人もいる。それは違ったが、噂は生き延びた。 カテゴリ: […]

  13. Google Chrome OS その2…

    色々な人の色々な反応。振り返ってみる。…

  14. […] GoogleがMicrosoftに核爆弾を投下, その名はChrome OS […]

  15. […] ⇒まず、ネット上でMicrosoftは終わったとか核爆弾を落とされたなどとも書かれている中、肝心のMicrosoftはどう受け止めているのか、素朴に疑問を持ち、いろいろと調べてみた。 […]

  16. […] 今日(米国時間7/13)、Microsoftはニューオーリンズで開催されたWorldwide Partner ConferenceでOffice 2010について詳しい発表を行った。ウェブではここ数週間、このイベントへの関心が高まっていた。Microsoftは事前にOffice 2010のイメージ・ビデオまで制作するという力の入れようだった。Googleのブラウザ・ベースのアプリケーションと先週発表されたChrome OSによって挑戦を受けているMicrosoftは3正面戦略でこれに対抗することを明らかにしている。 つまり、携帯、ブラウザ、デスクトップの3つの環境で同期できる製品群だ。 […]

  17. […] 今日(米国時間7/13)、Microsoftはニューオーリンズで開催されたWorldwide Partner ConferenceでOffice 2010について詳しい発表を行った。ウェブではここ数週間、このイベントへの関心が高まっていた。Microsoftは事前にOffice 2010のイメージ・ビデオまで制作するという力の入れようだった。Googleのブラウザ・ベースのアプリケーションと先週発表されたChrome OSによって挑戦を受けているMicrosoftは3正面戦略でこれに対抗することを明らかにしている。 つまり、携帯、ブラウザ、デスクトップの3つの環境で同期できる製品群だ。 […]

  18. […] GoogleがMicrosoftに核爆弾を投下, その名はChrome OS (tags: google tech wire) […]

  19. […] 去る5月にFTCがこの調査を開始した 際にわれわれが書いたように、当時Schmidtは恐らく無事で、警告の標的にされただけであった。その数日後に同氏が、Appleを辞めるつもりはないと発言していることから、本人もそう考えていたに違いない。しかし、Chrome OSの登場によって、すべてが一変した。すでにSchmidtは、AppleでのiPhoneに関する会議から外されていたが(Google Androidのため)、今度はOS X(Chrome OSのため)でも同じことになる可能性が強かった。これは、Apple CEOのSteve Jobsが、今日午前の発表の中で事実上述べていたことだ。 […]

  20. […] 一方、携帯以外の分野では、Googleは経済危機をものともせずに成長を続け、いよいよ事業の多様化を図る時期が来たと決断した。まだリリースされていないものの、Chrome OS開発の発表はAppleの中核事業への打撃となる可能性を秘めている。Appleへの影響はさほど大きくはならないという見方もあるが、これほど多方面でライバル関係が発生してきてはいつまでも「お仲間」でいることが難しいかもしれないと予感させるのに十分だった。 […]

  21. […] 本誌はまたまた、これがGoogleのChrome OSだ、と称するスクリーンショットを(今度は2枚)受け取った。Googleがこの、いきなりブラウザが立ち上がるOSを発表したのは7月だが、その後いろんな‘自称スクリーンショット’が登場した。ばかばかしいのもあれば、比較的まともなのもある。Googleが公認しているスクリーンショットはまだ一つもないから、Photoshopを使ってGoogleのアイコンなどをいじくってれば、誰にでもそれらしきものは作れる。だから今回の2枚も、眉に唾をどっさり付けて見てね。 […]

  22. […] Microsoftの反応を知りたくて、うずうずするね。Chrome OSほどの大型爆弾ではないが、スマート爆弾ぐらいかな。 […]

  23. […] Microsoftの反応を知りたくて、うずうずするね。Chrome OSほどの大型爆弾ではないが、スマート爆弾ぐらいかな。 […]

  24. […] ただし残念ながら、それは今のところLinux用のみだが、もともとChrome OSはLinuxベースだからそれも当然かな。あの、間違えないようにしてね、これは「Chromium for Linux」のビルドじゃないからね。そのフォルダなら前からある(64ビットバージョンも)。それに、Chrome OSのビルドは139Mbあるが、Chromiumはわずか19Mbだ。 […]

  25. […] 7月に発表されたGoogleのChrome OSプロジェクトは、信頼できる情報筋によると、来週中にはダウンロードして入手できるようになる(今日は11月13日)。Google自身は以前、このOSの初期的バージョンは秋ごろと言っていた。 […]

  26. […] 7月に発表されたGoogleのChrome OSプロジェクトは、信頼できる情報筋によると、来週中にはダウンロードして入手できるようになる(今日は11月13日)。Google自身は以前、このOSの初期的バージョンは秋ごろと言っていた。 […]

  27. […] さてわれわれはChrome OSの現物を見ることができたわけだが、当初の反応の多くは、「Windowsキラーといえるような製品ではない」というものだった。もちろんその通りだ。しかしだからといってMicrosoftの脅威にならないとは即断できない。 長期的に見て、Windowsに圧力を掛け続ける要素になる可能性があるのだ。実際、GoogleのChrome OSに関する戦略はAppleの戦略を鏡にうつしたように見える。 […]

  28. […] Googleは当初からChrome OSに関して、来年最初のハードウェアが市場に出る際に消費者に最高の製品が提供できるよう、一部のメーカーと密接に協力していくと明言していた。初期のFAQにこうある。「GoogleのChrome OS チームはエンドユーザーに最高の製品を届けるために現在多数のテクノロジー企業と協力して製品のデザインと設計を行っている。協力企業にはAcer、Adobe、ASUS、Freescale、Hewlett-Packard、Lenovo、Qualcomm、Texas Instruments、Toshibaが含まれる」 […]

  29. […] そのスケジュールは最初、Chrome OSは2010年の後半に立ち上がり、製品の発売はクリスマス商戦に間に合わせる、と言っていた。Acerが初のChrome OS製品を発表すると思われるComputex Taipeiは6月1〜5日だから、2010年の前半だ。だから、Chrome OSの完成が早まった(とは聞いてないが)のでもないかぎり、6月にAcerが見せるかもしれない製品で動いているのはChromium OSのまだ未完成のバージョンだろう。コードの現状から見ても、それが妥当な線だ。 […]

  30. […] そのスケジュールは最 初、Chrome OSは2010年の後半に立ち上がり、製品の発売は クリスマス商戦に間に合わせる、と言っていた。Acerが初のChrome OS製品を発表すると思われるComputex Taipeiは6月1〜5日だから、2010年の前半だ。だから、Chrome OSの完成が早まった(とは聞いてないが)のでもないかぎり、6月にAcerが見せるかもしれない製品で動いているのはChromium OSのまだ未完成のバージョンだろう。コードの現状から見ても、それが妥当な線だ。 […]

  31. […] 今日(米国時間7/13)、Microsoftはニューオーリンズで開催されたWorldwide Partner ConferenceでOffice 2010について詳しい発表を行っ た。ウェブではここ数週間、このイベントへの関 心が高まっていた。Microsoftは事前にOffice 2010のイ メージ・ビデオまで制作するという力の入れようだった。Googleのブラウザ・ベースのアプリケーションと先週発表されたChrome OSによって挑 戦を受けているMicrosoftは3 正面戦略でこれに対抗することを明らかにしている。 つまり、携帯、ブラウザ、デスクトップの3つの環境で同期できる製品群だ。 […]

  32. […] 爆弾はすでに投下されているが、爆発までには数年かかるかもしれない。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中