GoogleがMicrosoftに核爆弾を投下, その名はChrome OS

次の記事

大新聞に比べて少部数の新聞はもっとあとに死ぬかもしれない

googlechromelogo

これは、すごいぞぉ! Googleのデスクトップオペレーティングシステムをめぐる噂は、これまでも消えることなくずっと続いていた。それはAndroidと並行して発表されるモバイルOSのことかな、と思った人もいる。それは違ったが、噂は生き延びた。それもそのはず、それは噂ではなくて本当だったからだ。

Googleの計画によると、2010の後半にGoogleはGoogle Chrome OSなるものを世に出す。それは、Chromeブラウザをネットブックの上で動かすための、完全に新しく設計されたオペレーティングシステムだ。Googleは同社のブログにこう書いている: “私たちは、オペレーティングシステムとは何であるべきかについて、根本から再考した”。

このことの意味を、考えてみよう。これはGoogleによる宿敵Microsoftに対する爆撃だ。ブログ記事の冒頭には、こんなせりふもある: “しかし、ブラウザがその上で動くオペレーティングシステムは、Webがない時代に設計されたものだ”。誰のことを指しているのか、分かるよね。

しかも、タイミングと手口が巧妙だ。今、ネットブックがますます多く売れているが、そのOSはWindows XP、つまり8年前のシステムだ。それはプロセッサとしてPentium IIIとPentium 4を想定している。GoogleのChrome OSは、今ネットブックで多く見かけるx86とARMのチップを対象にしている。それに同社は現在、来年このOSの搭載機がたくさん市場に出回ることを目指して複数のOEMと交渉している。

当然、このChrome OSはChromeブラウザがそうであるように、軽量で高速だろう。また、ブラウザと同じくオープンソースだろう。MicrosoftがWindowsをそう簡単にオープンソースにすることは、考えられないね。

Googleはこう書いている: “これからやらなければならないことがたくさんあるから、このビジョンの達成のためにはオープンソースのコミュニティからの多大なる助けが絶対的に必要だ”。Googleは各大学に、Microsoftと戦う兵士を募集するための受け付けテント小屋を作ったほうがいいね。

どんなアーキテクチャかというと、Googleによれば、“Linuxのカーネルの上に新しく作ったウィンドウシステムがあってその中でChromeブラウザが動いているもの”だそうだ。要するに、WebがOSになるのだ。だからアプリケーションデベロッパが開発するものは、今Web上で開発しているものと同じだ。この考え方は、Palm PreのwebOSと似ているが、Googleが念を押すのは、Chrome OS用に開発されたアプリケーションはどのOSの上のどのブラウザ…ただし標準準拠製品…の上でも動くという点だ。

Googleは、新しいOSを作ろうとしているのではなく、OSが要らない…OSが何であるかを問わない…ためのベストの方法を作り出そうとしているのだ。

では、なぜAndroidではなくOSなのか? 今Androidはネットブックにも立派に移植されているではないか? Googleは、重複の存在を認めるが、同社が言わない重要な違いはx86対応であることだ。Androidはそうじゃない。Chrome OSはx86の上で直接動く。しかもGoogleは、Chrome OSのWeb中心性を強調したい。Androidはもっといろんなことができる…ブラウザ上のWebアプリケーションがすべてではない。

しかしChrome OSでは、すべてのアプリケーションがWebアプリケーションだ。HTML 5がそれに果たす役割も大きい。今は、コンピュータがWebに接続していないとWebアプリケーションを使えないが、HTML 5ではオフラインでもブラウザでWebアプリケーションを使えるようになる。アップロードは、再び接続してからするのだが。

今年のGoogle I/OでVic GundotraがHTML 5を強力にプッシュした理由が、今となって分かるね。あのときはGoogle Waveなんかとの関連でHTML 5が話題になった気がしたが、実はGoogle Waveは、Chrome OSという宇宙の中の、たくさんの新しい形のアプリケーションの一つにすぎないんだ。

しかし、MicrosoftにはWindows 7という切り札がある。Windows XPが8年前のシステムで、Windows Vistaはネットブック上で評判の悪いOSだが、Windows 7はネットブック向けにばっちり最適化されているかもしれない。いや、Microsoft自身がそう望むべきだ。でないと、ネットブックの96%がWindowsだという現実も、1年後にはどうなっているか分からないね。

Googleは来年の発表に先がけて年内にChrome OSのソースコードをリリースする計画だ。つまりそれは、Windows 7の発表と同じタイミングだ。Microsoftはそのとき、一体なんて言うだろう? 来週の大きな大会で、話題になるかな?

[原文へ]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

〔この記事のカット写真は不適切と判断し、削除いたしました。ご不快を感じられた読者の皆さまに深くお詫びいたします。なお、この記事へのコメントは締め切らせていただいております。ご了承いただきたくお願い申し上げます。(日本語版編集部)〕