Pandora

Pandora(他のインターネットラジオも)、公式に存続可能に

次の記事

Google、ついにGmail、ドキュメント、カレンダー、Googleトークからベータを外す

pandora2年間にわたる不安な状態を経て、ようやくPandoraの将来が約束された。

この件をあまりご存じでない方のために説明すると、インターネットラジオのストリーミング料金は、Pandoraのような会社が回っていくことが困難なレベルにまで引き上げられる危機にあった。しかし、ウェブ放送局、アーティスト、レコード会社らの間で、解決案に合意することができたことを、PandoraのCTO、Tom Conradが語ってくれた。

「Pandoraは存続可能なロイヤリティー費用による長期契約を結び、ようやく危機を脱することができました」

最終決定の要点として、SoundExchange(*)が「1曲1リスナー当たり」の費用を40~50%減額することに合意したことがある。それと引き換えにPandoraは、米国での収益の25%を引き渡す。[下にアップデートあり。25%が「1曲1リスナー当たり」による金額を上回った場合に限られる]この契約は2015年まで有効。【訳注:(*)インターネットラジオ局から著作権使用料を徴収するために、全米レコード協会が設立した団体】

しかし、Pandoraにはまだ譲らなくてはならないことがある。合意した料金が未だに他の形態のラジオよりかなり高いため、無料版のユーザーに対して制限をかける必要があることだ。ただしこれは月間40時間以上Pandoraを使う人にのみ適用されるので、影響を受けるのはユーザー全体の10%にすぎないと思われる。限界に達したユーザーも$0.99払えばそれ以降月末まで無制限に聞くことができる。十分だろう。

同サービスの有料版であるPandora Oneのユーザーは、引き続き無制限に楽曲を聞くことができる。

Conradに、25%のキックバックや新しいストリーム当たり料金がPandoraの次年度黒字化の目標に及ぼす影響について尋ねてみた。「これはすばらしい結論です。高価ではあるけれども、来年の黒字転換は可能です。この料金なら採算がとれます」、Conradが語った。

アップデート:一点明らかにしておきたいのは、新契約によってPandoraは、米国内収益の25%〈または〉新しい1曲1リスナー当たり料金の〈いずれか高い方〉を払うということだ。この違いが重要なのは、現実にはPandoraが25%以上払う公算が強いからである。[指摘してくれたMediaMemoのPeter Kafkaに感謝する]

詳細は以下のメール(英文)にある。

Many people played a role in getting here. Pandora listeners provided support in extraordinary numbers in Congress, and a group of reasonable and constructive voices on the label and artist side of the table at SoundExchange helped forge a middle ground that, while perhaps not meeting all of our aspirations, still represents a thoughtful and reasoned outcome under the circumstances.

The deal we’ve crafted is an industry-wide solution for all “pure play” Internet webcasters. The core of the compromise is that SoundExchange has granted a 40-50% reduction in the per-song-per-listener minimum rates in exchange for us giving them a 25% share of our US revenue. The deal extends through 2015 and has special carve outs for the so-called “Small Webcasters.”

While we feel this is a substantive victory, the revised royalties are quite high – still much higher than any other form of radio. As a consequence, we will have to make an adjustment that will affect about 10% of our users who are our heaviest listeners. Specifically, we are going to begin limiting listening to 40 hours per month on the free version of Pandora. In any given month, a listener who hits this limit can then opt for unlimited listening for the remainder of that month for just $0.99. In essence, we’re asking our heaviest users to put a dollar (well, almost a dollar) in the tip jar in any month in which they listen over 40 hours. We hope this is relatively painless and affordable–the same price as a single song download. Alternatively, they can upgrade to
“Pandora One”, our premium version which offers unlimited monthly listening in addition to its other benefits.

Q2 was our best quarter to date and dramatically exceeded our plan both in terms of user growth and revenue. Mobile adoption continues to be very strong with uptake on the BlackBerry looking like it will meet or exceed iPhone levels. Still, the unresolved licensing issues have hung over us like a dark cloud for two years. It’s a great feeling to have the road cleared of that obstacle.

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)