Google、iPhoneにユーザーの位置情報を利用したロケーション・サービスを導入

次の記事

Twitter社の皆さん、サーバーのログイン・パスワードに“password”を使わないように

img_0207Googleは最近、位置情報をベースにサービスの拡充に強力に取り組んでいる。数日前にはChromeとFirefox版のGoogleマップにロケーション機能を追加した。今日(米国時間7/15)、GoogleはiPhone版にロケーションを導入した

iPhone 3.0でSafariを開き、Googleのホームページに行くと、検索ボックスの下に「新機能! My Locationで近くのレストランやバーやお店を探そう」と表示されている。MyLocationをクリックすると、iPhoneのSafariにダイアログボックスがポップアップし、iPhoneの位置情報機能を使ってユーザーの位置情報を利用してよいか?と尋ねてくる。ユーザーがOKボタンをクリックして承認すると、検索ボックスの下に青い点に続いてユーザーの位置が表示されるので、クリックして検索を実行するとローカル情報が得られる。

iPhoneのSafariのロケーション機能は非常に使いでがある。これによってGoogle LatitudeGoogleの位置情報ベースのSNS機能が特別のソフトウェアをインストールしなくても利用できるようになる。この点についてはわれわれが数か月前に紹介している。ちなみに、Safariについて面白い点は、他のiPhone専用アプリの一部も同様だが、バックグラウンドで動作することだ。現在Safariがロケーション・サービスにバックグラウンドでアクセスできるかどうか確認していないが、もしできるのであれば、Latitudeのようなサービスの利用にあたって非常に具合がよいだろう。

ブラウザから位置情報に直接アクセスできるなどの機能は、ウェブをすべての情報のプラットフォーム化しようというGoogleの究極の目的によく合致している。

しかし一方で、このような機能はプライバシー上の懸念を呼び起こすものでもある。Googleは次のように断っている。

ユーザーのプライバシーは、いつに変わらず、私たちの最優先の課題です。Googleはユーザーが明示的に許可した場合を除いて、位置情報を検索に利用しません。ユーザーはホームページの下部にある「設定」リンクからいつでもこの機能を無効にすることができます。

aaa1 img_02091

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01