bit.ly

bit.lyが迷惑リンクに警告を出すようになった

次の記事

Coolirisのビジネスモデル:広告の掲載もこうやればクールに見える

Twitterの標準URL短縮サービスに指定されて以来、Bit.ly凄まじい勢いで伸びている。として、「スパイダーマン」から学んだとおり、大きな力を持つとその責任も大きくなる。

Bit.lyは、短縮するURLに関する同社保有のデータに基づいて、悪質と思われるサイトについてユーザーに警告を出し始めた。例えばこのリンクをクリックすると、こんなメッセージが出る、「警告:このサイトは、迷惑コンテンツが含まれている可能性があると報告されています。このウェブページのコンテンツは、スパムあるいは迷惑サイトや不適切なサイトへのリンクであると思われます」。続けて、次のような案内が表示される。

ブラウザーのウィンドウを閉じてください

送り主にこのURLのことを知らせてください

あるいは、同じページのもう一つのURLをクリックすれば、自己責任でリンク先に飛ぶこともできる。

そしてこの慈善家ぶった行動が、Bit.lyの描くコンテンツのためのDiggライクな目的地になる、という壮大な計画にかかわってくることは間違いない。

Bit.lyは他の多くのサービスと同じく、迷惑サイト情報をStopBadware.organtiphishing.orgから仕入れている。

picture-116

[thanks Adam via tunese]

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)