Twitter、リアルタイムで検索のアップデートをするウィジェットをリリース

次の記事

Adaptive Payments API公開でPayPal送金システムをアプリに簡単に組み込めるようになる

picture-145Twitter検索はすばらしい機能だが、残念ながらFriendFeedの検索のようにリアルタイムでアップデートされない。場合によってはこの機能はうるさい。しかし、リロードボタンを押し続ける必要なしに、リアルタイムでメッセージのストリームが表示される機能がオプションとしてでもあったら便利ではある。さいわい、Twitterがそのような機能の公式ウィジェットをリリースした。

新しいウィジェットはここにある。ユーザーは検索キーワード、ウィジェットのタイトル、内用の説明を入力することができる。ウィジェットにはその検索結果がストリーミング表示される。ユーザーは色とサイズも設定できる。テスト検索を実行してみて気に入れば、エンベッド・コードが表示されるので、自分のウェブ・ページのソースに貼りつければよい。ウィジェットはずっとリアルタイムで設定された検索結果を表示し続ける。

このウィジェットには「高度な設定」のオプションがあり、“OR”のような演算子を利用した検索が可能だ。“San Francisco OR @sf OR #sf”という検索フレーズのサンプルが掲載されていた。これだとSan Franciscoでも、@sfでも、#sfというハッシュタグでもヒットすることになる。また検索ヒット数が少ない場合に、過去のメッセージをエンドレスにループ表示させるオプションもある。これは長時間アップデートが行われないのを防ぐためで、気がきいている。

このようなウィジェットはすでにサードパーティーから多数発表されている。しかしTwitterから公式ウィジェットが発表されたことはやはり良いニュースだ。イベントの関連情報の表示などにも便利だろう。今回のウィジェットは以前Twitterに装備されていたモニタ機能(キーワードがヒットするたびにユーザーにメッセージが送られた)ほど便利ではないが、近づいてはいる

われわれはTechCrunchをキーワードにしてウィジェットを作ってみたが、どうもWordPressでは正常に動作しないようなので、当面スクリーショットを貼っておく。なお、Twitterは今日、Twitter 101ガイドを企業向けに発表している。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01