Appleは芯まで腐ったリンゴになりつつある–今度はGoogle Voice本体をApp Storeから追ん出す

次の記事

Twitterが、ウェブサイトで「Tweet」という単語を使い始めた

今朝(米国時間7/27)本誌は、AppleがGoogle Voiceを使うアプリケーションをすべてApp Storeから取り下げたことを報じた。“iPhoneの機能と重複しているから”がその理由だ。しかしその後、事態はさらに悪化した。AppleはGoogleのGoogle VoiceアプリケーションそのものをApp Storeから追い出した。つまり、かなり長い歴史的視野で見ても、最良の電話サービスの一つと言えるあのGoogle Voiceが、App Storeから消えたのだ。Appleに怒りをぶつける時があるとするなら、今がそのときだ。

Googleの広報はこう言ってる:

弊社はGoogleのアプリケーションをさまざまなモバイルプラットホームに導入するために真剣な努力をして参りました。その中にはiPhoneも含まれます。Appleは弊社が6週間前にApple App Storeに提出したGoogle Voiceアプリケーションを承認しませんでした。弊社は今後も、弊社のサービスをiPhoneのユーザに提供いたすべく、努力を続けます。たとえば、モバイルブラウザの今後のより進んだ機能を利用する方法もありえます。

黒幕は誰か、それはわかりきっている。本誌の常連いじめられっ子であるAT&Tだ。キャリアはGoogle Voiceをおそれている。ユーザは無料でSMSのメッセージを送れるようになるし、Google Voiceの‘回線’を使えば長距離電話も安くなる。それに、電話会社を気軽に変えられるようになる…自分の電話番号はGoogle Voiceの唯一の番号で、キャリアを変えてもそれは変わらないからだ。キャリアはGoogle Voiceのことを前から知っているが、Google Voiceが新規にユーザを募集し始めたのはごく最近のことで、実用にあたってはいくつかの問題があった。GV Mobileのようなスマートフォン用のアプリケーションは、問題の多くを解決しているので、AT&Tとしては何が何でも、大切な箱入り娘iPhoneの身辺に近づけたくないのだ。BlackBerryとAndroid用にはすでに、Googleの公式アプリがあるというのに。

これがたいへんな愚行であることの、強力な証拠をGV MobileのデベロッパSean Kovacsが握っている。彼によれば、このアプリケーションは4月に、Appleの国際マーケティング担当上級副社長Phil Schillerが個人的に承認した。この人は、Steve Jobsの影武者の一人としてキーノートの代理を務めることもあるおエライさんだ。Kovacsによれば、Schillerが電話をしてきて、承認の遅れを謝罪したそうだ。Appleのまだ発表していない新しいサービス規約には、アプリケーションがiPhoneの機能を独自に模倣してはいけないという条項があるのかもしれないが、しかしそれにしても、これだけエライ人から、お直々(じきじき)にお電話をいただいたのだから、そのアプリケーションは当然、App Storeに置かれるはず。

ぼくが個人的にとてもいやなのは、これによってAppleが今や、イノベーションを窒息死させようとしていることだ。Google Voiceは、ユーザの仕事や生活に大きく貢献するサービスだし、どうでもいいようなエンタテイメントではない。それは人と人を結びつける手助けをし、またそういう接続を管理してくれる。App Storeには、Appleが承認したアプリケーションが5万もある。しかしAppleがどれだけそのことを誇っても、その中に、Google Voiceほど革新的なものが一つでもあるか? ない。

しかもこれが、あのSteve Jobsが作った会社の決定だから、われわれの困惑は深い。レコード会社に、長期にわたる0.99の価格制度を無理やり呑ませた会社が今、AT&Tに頼まれて顧客をいじめている。ぼくが、ぼくの携帯電話機の上でできることとできないことを、彼らが勝手に決めようとしている。しかもそれは、優れた拡張性で客の心をつかんできたデバイスではないか。

App Storeがスタートしたときには、その刑務所の庭のようなやり方に対する懸念があった。デベロッパたちは、Appleが公正な市場を維持してくれると本当に信じてよいのか? しかし今日までAppleはなんとか、善意に基づいてStoreを運営してきたようだ。ときどき、やり方がまずかったり、Googleに承認の遅れ関連日本語記事)という恥をかかせたりはししたけど。でも、最近のApp Storeはおかしい。Slingのアプリケーションが機能不全だったり、Qikのアプリをブロックしたり、とにかくAppleは全力を挙げて、iPhoneのユーザを本当に優れたアプリケーションから遠ざけようとしている。これは、Palmにとって、絶好のマーケティングチャンスだろうね。

写真提供: brankomaster.

[原文へ]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

“Appleは芯まで腐ったリンゴになりつつある–今度はGoogle Voice本体をApp Storeから追ん出す” への19件のフィードバック

  1. 米国ではGoogleVoiceを発表!…

    米国だけの出来事です。 よ~く米国のサイトをみてみるとアンドロイドの中で起動している画面がある!ってことはアンドロイドに搭載できるのか? もし、できるとしたら凄いことにな…

  2. […] 最新の問題は、きのうわれわれが記事にした、Google Voiceサービスを使っているアプリが、AppleのApp Storeから削除された件に関わることだ。続報記事でわれわれは、アプリを削除したのがAppleではなくAT&Tのしわざであるとまでは、はっきり言っていなかった。どうも噂によると、AppleのVP、Phil Schillerが個人的に、そんなアプリの一つであるGV Mobileを承認プロセスに通したらしい。ところが今日聞いたところでは、アプリは実はAT&Tの要請に従って削除されたという。Daring FireballのJohn Gruberが、この件に関する「信頼できるタレ込み」を報じているほか、別の情報源からも同じ話を聞いた。 […]

  3. […] 実は、BBspotというユーモアサイトに掲載されたパロディーニュースへのリンクだった。この記事は、AppleがGoogle VoiceアプリをiPhoneから追い出した愚行を題材に「報復としてGoogleはAppleを検索結果から削除した」とい書いている。 「GoogleはApple.comに対する検索結果をすべて削除した。また&iPhoneとApp Storeに対する検索はIMDb.com映画データベースのペイバックの記事に飛ばされる」。 […]

  4. […] 一昨日のニュースでこんな事があったんですが、昨日なんと「Googleはこの報復としてAppleを検索結果から削除した」とのニュースが。 まぁこれはこのサイトのギャグだったんですが、なんだかインターネッツの世界も大変だなーと思います。 そしてこのニュースと時を同じくしてMSの検索エンジン「Bing(ビング)」とYahooが検索エンジンで提携するとの事。 まぁ日本Yahooは本家Yahooとは全然別の検索アルゴリズムだし、大体Bingに至っては中の人が実はまだただのLiveサーチというアレなので、まだまだ関係ないですが、コレが物凄く面白かったので触れてみましたw 提携したのにMSに3000億円持ってかれるってお前…Yahoo可愛い過ぎるやろ!!! ちなみにBing、画像検索(だけ)むちゃくちゃ便利なのでお気に入りです。 特に銃火器&特殊部隊画像検索の時に。 […]

  5. […] きっかけは、何だったのか? Electronic Frontier Foundationは、iPhoneのjailbreakingを完全に合法化したいと考えている。自分の電話機だから、何をインストールしたっていいはずだ。自分のパソコンに、何をインストールしていいとか、いけないとか、言われたおぼえはないぞ。まさにその通りだが、しかしAppleはどんな形であれ、jailbreakingを認めたくない。なぜなら、AppleにはAppleのやり方があるし、Appleのドジな共犯者であるAT&Tは、この件に関して口をつぐんでいる。Google Voiceの一件だってそうだ。Appleがダメと言ったものはダメなんだよ。 […]

  6. […] おやおや、状況は急変した。今週の初め本誌は、Appleが突然、Google Voiceを使うiPhone用サードパーティアプリケーションをApp Storeから提供しなくなったことを報じた。iPhoneの機能の一部と“重複している”という、説得力の乏しい理由からだ。それに続いてさらに本誌は、Googleが6週間前に承認を申請したGoogle Voiceの本体アプリケーションを拒否したというニュースを載せた。Appleのこの恣意的でおそらく反競争的でもある措置に対して、デベロッパもユーザも一斉に不満の声をあげた。この決定に関与していると思われているAT&Tも、あちこちでやり玉に上げられた。しかしもちろん、非難をぶっつけるべき正しいマトがどっちなのか、誰も知らない。AT&Tは、それはAppleの決定だとほのめかしているが、かんじんのAppleは黙(だんま)り姿勢のままだ。しかし、ここにきてついに、真相が分かりそうになってきた。Dow Jonesの速報によると、Federal Communications Commission(連邦通信委員会, FCC)がAppleによるGoogle Voiceの拒絶の一件を調査しており、AT&T、Apple、Googleの三者に事実解明のための質問状を送付した。本誌はその質問状を入手したので、この記事の下に原文のまま添付する。 […]

  7. […] 今やAppleはGoogle Voiceと関連するアプリをiPhoneから締め出さなければよかったと後悔しているに違いない。それとも排除の圧力をかけたのはAT&Tなのか? 今のところ誰も真相を知らない。しかし昨夜(米国時間7/31)、FCC〔連邦通信委員会〕は調査を開始した。FCCは関連する3社((Apple、AT&T、Google)にいったい何があったのか詳しく説明するように求める文書を送付した。 […]

  8. […] Schmidt辞任の発表は AppleのiPhone App StoreがGoogle Voiceアプリを拒絶した件に関するFCCの調査が金曜日に開始された直後のタイミングとなった。この調査の表面上の理由はGoogle Voiceアプリの拒絶だが、本当の問題はiPhone App Storeのアプリの承認手続きが閉鎖的で恣意的である点にある。 […]

  9. […] こうして、Google Voice問題のお膳立てが整った。Appleは、Google Voiceアプリを却下し、それまでに承認していた複数の関連アプリをすべて削除した。そして、AT&Tが明言を避けた否定とも言える声明を発表したことによって、事態はさらに複雑になった。ここをはじめとする複数のサイトが、この件でAT&Tが立ち回っているという噂を聞いている。この問題はFCCも、FTCとは別に調べているが、何がしかの関係があることは明白である。 […]

  10. […] さて、AppleのPhil SchillerがどうやらAppleの落ち度を認め始めたようだ。何か月もの沈黙を破って、Appleのトップの一人(しかもJobsの次ぐらいに顔と名前を知られている人)が、Appleの数多い、そしてめちゃくちゃひどいとしか言えない、大失態について説明を開始したのだ。それは、Schillerの個人名のメールを何人かのデベロッパやブロガーたちにすこしずつ送るというやり方だが、それで納得した人も一部にはいるだろう。 […]

  11. […] 今のところ、Google Listenが使えるのはAndroidの上だけだ。それは、まだ開発の初期の段階だからだろうが、iPhone用がないのはGoogleが最近App Storeで受けた屈辱のせいかもしれない。ここ数か月にわたってAppleは、まずGoogle Latitudeのネイティブアプリケーションを拒否し、その次はGoogle Voiceのアプリケーションをすべて不承認にした。しかしそういうトラブルがなくっても、AppleはiTunesのポッドキャスト機能との競合を理由にこのアプリを門前払いしたかもしれない。それを理由に拒否されたアプリが、過去にもある。 […]

  12. […] 【抄訳】 Appleが、GoogleとサードパーティのiPhoneアプリケーションを拒否した件に関するFCCからの質問状に対し、回答を提出した。 […]

  13. […] そしてChrome OSという爆弾の影響は当初考えられたよりも大きいものだった。この発表がきっかけてとなって連邦通信委員会(FCC)はAppleとGoogleの関係、特に両者の間での取締役の兼任問題に厳しい目を向けるようになった。まさにそこへAppleがGoogle Voiceアプリを拒否した(拒否ではなく承認しなかっただけ、とAppleは主張)。FCCはただちに両者の関係の調査を開始した。数日後、SchmidtはAppleの取締役を辞任した。 […]

  14. […] Google VoiceをめぐるAppleの大失態の続編が、またまた野次馬を集めそうだ。中小企業が社員の携帯電話を会社の電話としても使えるためのサービスを提供するToktumiがこのほど、同社のLine2というクライアントアプリケーションをAppleから承認された…ただし申請してからほぼ3か月が経っている。この強力なサービスによって会社の社員は、自分の携帯電話に2つの電話番号(私用と社務用)を割り当てることができる。フィルタ機能や本格的なボイスメールシステムもある。しかしもっと気になるのは、Google Voiceにとてもよく似ていることだ。後者はご存じのように、Appleが何か月も前にApp Storeから追ん出したアプリケーションだ。 […]

  15. […] ここ数ヵ月間、Google Voiceのニュースには事欠かない。iPhoneから拒否され(Appleに言わせれば、未だに検討中とのことだが)、さらには1件ならず2件ものFCC調査の焦点となっている。しかしこれまで、このサービスを実際に使い始めるのは容易ではなかった。少し前から、誰かを招待するためのリクエストを出すことができるようになったのだが、Googleがこの待ち行列を処理するまで、どれだけ待たされるかわからなかった。もうすぐこれが変わるようだ。Googleの最新の発表によると、既にGoogle Voiceを使っているユーザーに招待状が配られ、すぐに友人に渡せるようになるという。 […]

  16. […] 去年の7月のThe New Apple Walled Gardenという記事で、デベロッパと熱心なiPhoneファンとのあいだに横たわるアイロニーについて書いた。後者は、ふだんはオープンスタンダードとかオープンソースの支持者であっても、ことiPhoneに関しては、それが閉じた私企業規格のプラットホームであっても平気なのだ。その記事が出たあと、誰かが予言した恐怖が現実になった。拒絶されたアプリケーション、そして拒絶されたアプリケーション、さらにまたまた拒絶されたアプリケーションという無限の連鎖だ。この件で本誌が報じた記事はものすごく多くて、どれにも大量のコメントやAppleに対する苦情や非難が寄せられ、しかも、長年Apple/iPhoneファンであった人が転向する例まで少なからず現れた。しかし、Appleへの苦情を寄せたブロガーやアプリケーションデベロッパの数に比べれば、Appleファン〜iPhoneファンの数は圧倒的に膨大であり、スマートフォンにおけるマーケットシェアも伸びているので、Appleはそれをよりどころとして平気な顔を続けた。しかしそれも、昨日(米国時間11/11)で終わりだ。 […]

  17. […] Appleが無署名アプリを許容しない本当の理由は何だろう? それは、iPhoneに対する完全なコントロールを維持して、クリーンで心地よい環境を永続させたいからだ。また、Googleに対してやったように、競合他社からのアプリケーションをブロックできるためだ。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中