Appleは芯まで腐ったリンゴになりつつある–今度はGoogle Voice本体をApp Storeから追ん出す

次の記事

Twitterが、ウェブサイトで「Tweet」という単語を使い始めた

今朝(米国時間7/27)本誌は、AppleがGoogle Voiceを使うアプリケーションをすべてApp Storeから取り下げたことを報じた。“iPhoneの機能と重複しているから”がその理由だ。しかしその後、事態はさらに悪化した。AppleはGoogleのGoogle VoiceアプリケーションそのものをApp Storeから追い出した。つまり、かなり長い歴史的視野で見ても、最良の電話サービスの一つと言えるあのGoogle Voiceが、App Storeから消えたのだ。Appleに怒りをぶつける時があるとするなら、今がそのときだ。

Googleの広報はこう言ってる:

弊社はGoogleのアプリケーションをさまざまなモバイルプラットホームに導入するために真剣な努力をして参りました。その中にはiPhoneも含まれます。Appleは弊社が6週間前にApple App Storeに提出したGoogle Voiceアプリケーションを承認しませんでした。弊社は今後も、弊社のサービスをiPhoneのユーザに提供いたすべく、努力を続けます。たとえば、モバイルブラウザの今後のより進んだ機能を利用する方法もありえます。

黒幕は誰か、それはわかりきっている。本誌の常連いじめられっ子であるAT&Tだ。キャリアはGoogle Voiceをおそれている。ユーザは無料でSMSのメッセージを送れるようになるし、Google Voiceの‘回線’を使えば長距離電話も安くなる。それに、電話会社を気軽に変えられるようになる…自分の電話番号はGoogle Voiceの唯一の番号で、キャリアを変えてもそれは変わらないからだ。キャリアはGoogle Voiceのことを前から知っているが、Google Voiceが新規にユーザを募集し始めたのはごく最近のことで、実用にあたってはいくつかの問題があった。GV Mobileのようなスマートフォン用のアプリケーションは、問題の多くを解決しているので、AT&Tとしては何が何でも、大切な箱入り娘iPhoneの身辺に近づけたくないのだ。BlackBerryとAndroid用にはすでに、Googleの公式アプリがあるというのに。

これがたいへんな愚行であることの、強力な証拠をGV MobileのデベロッパSean Kovacsが握っている。彼によれば、このアプリケーションは4月に、Appleの国際マーケティング担当上級副社長Phil Schillerが個人的に承認した。この人は、Steve Jobsの影武者の一人としてキーノートの代理を務めることもあるおエライさんだ。Kovacsによれば、Schillerが電話をしてきて、承認の遅れを謝罪したそうだ。Appleのまだ発表していない新しいサービス規約には、アプリケーションがiPhoneの機能を独自に模倣してはいけないという条項があるのかもしれないが、しかしそれにしても、これだけエライ人から、お直々(じきじき)にお電話をいただいたのだから、そのアプリケーションは当然、App Storeに置かれるはず。

ぼくが個人的にとてもいやなのは、これによってAppleが今や、イノベーションを窒息死させようとしていることだ。Google Voiceは、ユーザの仕事や生活に大きく貢献するサービスだし、どうでもいいようなエンタテイメントではない。それは人と人を結びつける手助けをし、またそういう接続を管理してくれる。App Storeには、Appleが承認したアプリケーションが5万もある。しかしAppleがどれだけそのことを誇っても、その中に、Google Voiceほど革新的なものが一つでもあるか? ない。

しかもこれが、あのSteve Jobsが作った会社の決定だから、われわれの困惑は深い。レコード会社に、長期にわたる0.99の価格制度を無理やり呑ませた会社が今、AT&Tに頼まれて顧客をいじめている。ぼくが、ぼくの携帯電話機の上でできることとできないことを、彼らが勝手に決めようとしている。しかもそれは、優れた拡張性で客の心をつかんできたデバイスではないか。

App Storeがスタートしたときには、その刑務所の庭のようなやり方に対する懸念があった。デベロッパたちは、Appleが公正な市場を維持してくれると本当に信じてよいのか? しかし今日までAppleはなんとか、善意に基づいてStoreを運営してきたようだ。ときどき、やり方がまずかったり、Googleに承認の遅れ関連日本語記事)という恥をかかせたりはししたけど。でも、最近のApp Storeはおかしい。Slingのアプリケーションが機能不全だったり、Qikのアプリをブロックしたり、とにかくAppleは全力を挙げて、iPhoneのユーザを本当に優れたアプリケーションから遠ざけようとしている。これは、Palmにとって、絶好のマーケティングチャンスだろうね。

写真提供: brankomaster.

[原文へ]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))