勝ち組、負け組、はっきりと―Yahooの株主、$2.9BをMicrosoftに乗り換える

次の記事

Twitter、サーチ機能を前面に押し出し、かつ中核にも据えたホームページリニューアル(Updateあり)

今日(米国時間7/29)のMicrosoftとYahooの提携で、どちらが得をしたかは一目瞭然だ。とりあえず、(私自身のもっと詳しい分析は後で書くが) YahooMicrosoftの株の値動きを見ればよい。Yahooは12.08%ダウンして$15.14となり、総額$2.91B(29億1千万ドル)が消えた。逆にMicrosoftは1.41%アップの$23.80となり、 総額で$2.94B(29億4千万ドル)増加した。

Yahooの値下がり額とMicrosoftの値上がり額を差し引きすると、今日、実額で$30(3千万ドル)の新たな価値が市場によっと作り出されたことになる。これに加えて、Yahooが失ったものはすべてMicrosoftが得ることになった。Yahooは29億ドル分bingされた〔頭にガツンと一発食った〕。やれやれ

われわれの関連記事の一覧はここに

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01