米FCC、iPhoneのGoogle Voice締め出し問題で調査開始―Appleはなんと説明する?

次の記事

[CG]アップルタブレットの目撃談にしては漠然としているけれど・・・

今やAppleはGoogle Voice関連するアプリをiPhoneから締め出さなければよかったと後悔しているに違いない。それとも排除の圧力をかけたのはAT&Tなのか? 今のところ誰も真相を知らない。しかし昨夜(米国時間7/31)、FCC〔連邦通信委員会〕は調査を開始した。FCCは関連する3社((Apple、AT&T、Google)にいったい何があったのか詳しく説明するように求める文書を送付した。

AppleがたったひとつのiPhoneアプリの登録を拒絶したことをFCCが調査することを奇妙に思う人もいるかもしれない。iPhoneアプリがAppleに拒絶されるのは珍しいことではない。しかしGoogle Voiceの締め出しは、ユーザーの間にたいへんな憤激を呼び起こしている。 この事件は重要な政策的課題を浮き彫りにする絶好のきっかけとなったようだ。FCCは単に、1つのアプリが恣意的に締め出されたことを調査しているのではない。キャリヤが支配しているモバイル・ネットワークもインターネットと同様にオープンであるべきだという大きな課題にいよいよ踏み込んできたのだ。

現在、インターネットのアプリとデバイスを支配するルールには2通りある。有線インターネットの世界では、接続にどんなタイプのコンピュータを使用してもよいし、どんなアプリケーションをインストールするのも自由だ。ところがAT&Tのような携帯電話キャリヤに支配されている無線インターネットの世界では、キャリヤが指定するデバイス〔携帯電話等〕しか利用できないし、キャリヤが承認したアプリケーションしかインストールできない。音声通信が主だった時代にはこれでもさして問題は起きなかった。しかし、次第にモバイル・ネットワークはわれわれがインターネットを利用する際の主たるチャンネルになってきたし、携帯電話も単なる電話から多機能なモバイル・コンピュータに進化してきた。そこで、モバイル・インターネットの世界も有線インターネットと同様のオープン政策が適用されるべきだという声が次第に強まってきた。

AppleとAT&TがFCCの調査に泣きを見ているのと逆に、Googleは密かに大喜びしていることだろう。ほんの2年前、700MHz帯域を売り出すオークションが実施された際、Googleは FCCに対して、デバイスはもちろん、アプリケーションについてもオープン・アクセスを保証することを約束した。その後、政権の交代もあったし、前後の事情も違ってはいるが、2年後の今日、FCCが追及しているのもやはりこのワイヤレス・ネットワークのオープン化という目標だ。

関連する3社宛のFCCの質問状には保留中のFCCの2つの処分(RM-11361とRM-11497)が根拠として挙げられている。前者は2007年に遡るオープン・アクセスに関連してSkypeが申し立てたもので、携帯ネットワークのキャリヤはすべてのアプリケーションを自由にインストールさせるべきだというもの。(Skypeの申し立ての内容はこちら)。Google Voiceと同様、Skypeのサービスもユーザーに携帯キャリヤをバイパスさせるものであったため、キャリヤに嫌われた。キャリヤは自分たちのビジネスの核心部分が脅かされる―単なるパイプになってしまうと恐れたわけだ。

しかしユーザーにとって必要なのはまさに「単なるパイプ」だ。どんなアプリでもどんなデバイスも接続できるようになってこそ、競争が生じ、無線インターネットの進歩が確保される。だからこそ、FCCはGoogleVoiceがiPhoneへのインストールを拒絶された理由、そしてその拒絶にキャリヤであるAT&Tがなんらかの関わりがあったかどうかの調査に乗り出したのだ。

2. AppleはGoogle Voiceアプリケーションを拒絶するにあたって単独で決定を行いましたか? あるいはAT&Tが何らかの関与をしていましたか?

3. AT&TはiPhoneアプリケーションの承認にあたって(一般にであれ、特定のケースについてであれ)何らかの関与を行ったことがありましたか? もしあったとするなら、それはいかなる状況における、どのような関与でしたか?

FCCはまたAppleがアプリケーションを承認する際の恣意性についても関心を示している。

4. Google VoiceのiPhoneアプリとその他Appleが過去に承認したVoIPアプリとの違いを説明してください。またそれらの承認されたVoIPアプリはAT&Tの3Gネットワークを利用することを許されましたか?

5. iPhoneで使用することを拒絶されたアプリには他にどんなものがありましたか? 拒絶の理由は何でしたか? 拒絶されたアプリのリスト、あるいは拒絶されるべきアプリのカテゴリーのリストが存在しますか? またそのようなリストはベンダーやデベロッパーに提供されていますか? もし提供されているとするなら、一般消費者向けにiTunesのウェブサイトで公開されていますか?

6. iPhoneアプリを承認する基準はありますか? アプリの承認のプロセスはどうなっていますか(決定までの期間、拒絶する場合はその理由、不服申し立ての方法、等)? 拒絶されたアプリケーションの割合は? アプリを拒絶する場合の主要な理由は何でしたか?

すべてきわめて適切な質問だ。FCCがAppleの回答を公開してくれるよう期待した。しかし考えてみるとおかしな話だ。Apple(とAT&T)の無線インターネットを利用するルールについて、なぜわざわざ政府機関が公式に質問しなければならなかったのか? さらに重要な点だが、どうしてAppleやAT&Tのような会社が無線インターネットの世界の門番を勤めて、誰を入れるか入れないか決めることができるのか? ここはどうしてもiPhoneをめぐる秘密の殻を叩き壊して門を開く必要があった。そしてFCCがついにハンマーを振り上げたのだ。

アップデート: AT&Tはこの記事に対して次のようにコメントを寄せてきた。

AT&TはApp Storeのアプリを管理していません。承認にも関与していません。われわれはFCCからの質問書を受
取っており、もちろん回答する予定です。

ユーザーはAT&Tネットワークで利用可能なGSM携帯にどんなアプリケーションでも自由にインストールすることができます。われわれが承認し、販売するアプリに限りません。われわれが承認していないアプリでもユーザーは自由に利用できます。iPhoneアプリケーションの承認を行っているのはわれわれではありません。

ということだそうだ。AT&Tネットワークでは誰でもどんなアプリでも利用できる―ただしiPhoneアプリを除く(これはAppleが単独で管理している)。しかしAppleはAT&Tの要請に基づいてアプリを拒絶したことはなかったのだろうか? FCCの質問に対して正直な答えが返ってくるよう期待したい。

(Flickr写真:Stephen Heywood

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01

“米FCC、iPhoneのGoogle Voice締め出し問題で調査開始―Appleはなんと説明する?” への3件のフィードバック

  1. […] 4.米FCC、iPhoneのGoogle Voice締め出し問題で調査開始―Appleはなんと説明する?(8/2) […]

  2. […] Google Voiceは現在でこそ、いずれかの携帯キャリヤとの契約を必要とするものの、最終的にはVoIP機能を組み込むことによってすべてのキャリヤをバイパスする通信手段になるはずだ。現在までのGoogleの携帯用電波帯域のオープン化の主張を考えれば、ほんの数社の携帯キャリヤがアメリカの携帯ビジネスを牛耳るという現状をGoogleは変えようとしていることははっきりしている。 Googleは多数の携帯プロバイダが自由に競争するオープンなシステムのビジョンを抱いている。これが実現すれば、現在のような不透明きわまる馬鹿げて高い料金体系は終わらせ、音声に関してもデータに関しても公正かつ適正な料金体系が導入されるだろう。 […]

  3. […] iPhoneとGoogle Voiceの問題では‘無罪’を勝ち取ったらしいAT&Tが、その好機に乗じて、今度はGoogle Voiceの‘有罪’を世間に訴えようとしている。この大手電話企業がFCCに送った書簡(下に添付)は、Google Voiceの調査を要求している。それについては後述するが、この件はもっと深い問題にも関わっている。つまりこれは、またまた、ネットワークの中立性(net neutrality)に関する問題なのだ。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中