サポートを謳うにはまだ遠いものの、Flashが(一応)Mac版Chromeで動き出した

次の記事

エリック・シュミット、Appleの取締役を辞任―Appleのもっとも危険な敵はGoogleだった

Mac版Google Chromeの進捗状況については、ここしばらくトレース中だ。Chromiumのデイリービルドを追いかけて見ると、徐々に良いものになってきているのがわかる。間もなく鳴り物入りデビューを果たすのではないだろうか。現在のところの致命的な欠陥を言えば、未だAdobe Flashをサポートできていないことだ。とはいえ「サポート」を言うには尚早だが、なんとか動作するようにはなってきている。

現在のところ、YouTubeなどのFlash動画を一時停止させたり停止させることができないでいる。しかしYouTubeのリンクをクリックすれば、一応動画が再生されるようにはなってきている。ここまでくれば先も見えているように思う。毎日ChromeのMac版を使える日がすぐ近くまでやってきているはずだ。Flashの再生ができるようになったということは、少なくとも「二番手」のブラウザとして使えるようになる日は迫っているはずだ。

とりあえず日々のウェブサーフィンに十分対応できるMac版Chromeのリリースが間近になっているのは間違いない。Flashのサポートが完成に近づいているというのは即ち、ジェネラルリリースの日程も近づいているということだろう。念のため申し添えておくと、既にMac版の開発者版はリリースされている。しかしこれについては利用はお勧めしない旨のアナウンスも出ている。間もなくこのような状況は変化し、パブリックベータが登場してくるものと思われる。

picture-31

原文へ

(翻訳:Maeda, H)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中