Twitter、6月の全世界ユーザー数4450万人に(comScore調べ)

次の記事

連邦取引委員会、エリック・シュミットのApple取締役辞任を評価。しかし調査は続行

たしかにTwitterは、この夏のイラン大統領選挙抗議に関する声を広めたことでノーベル平和賞を受賞することはなかったが、6月には約700万人の新しいユーザーを獲得した。2009年6月、Twitterのウェブサイトは、全世界で計4450万人のユニーク訪問者を集めた。comScoreによる。

Twitterの全世界ユーザー数は、2009年5月から、順調に19%増加した(さらに2008年6年と比べると1460%伸びており、当時の全世界ユーザー数は290万人に過ぎなかった)。

米国内からの訪問者数は2000万人で、Twitterユーザーの55%が海外からである。comScoreではTwitterを、世界で52番目に大きいサイトであるとしている(ESPNよりも上で、BBCやCriaglistを僅差で追っている 。

以上の数字は、Twitter.comのトラフィックのみを数えたものだ。Twitterユーザーの半数以上が、同サイトに行かず、Twitterアプリを使ってつぶやきを消費、発信しているので、Twitterの全ユーザー数はさらに多い。しかし、comScoreのデータからもその一貫した成長ぶりがわかる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)