Google Chromeベータ最新版は「30%高速化」、HTML5サポート、そして見た目も美しくなった

次の記事

Twitterの特許訴訟来たる。TechRadiumが先陣を切って提訴

googlechromelogo

Googleが、ChromeブラウザーのWindows用最新ベータ版を公開した。同社によると、この版は現行の安定バージョンよりも、30%高速化されているという。

しかし、さらに重要だと思われるのは、これがChromeとしてビデオタギングを含むHTML5をサポートした初めてのバージョンだということだ。最新のFirefox 3.5ベータもHTML5を採用しており、ウェブビデオ中でリンクやその他のインタラクティブ要素をはじめ、クールなことがいろいろと可能になっている。ビデオをウェブページのように扱えるようにするものだ。Googleは今日(米国時間8/5)、ビデオコーデックのOn2を買収しており、オープンビデオを本格的に後押しするつもりのようだ(HTMLの進化については、昨年のこの記事を参照のこと)。

新しいGoogle Chromeベータは、見た目も美しくなった。以前からお伝えしているテーマ群がフルに採用された。また、「新規タブ」と「オムニボックス」の機能も改善されている。

新しくタブを作ると、頻繁に訪れたサイトのサムネイルが表示される(Safariと同じ)。これは自動ブックマークとして使える。今度は、サムネイルをドラッグ&ドロップして、好きなように並べ替えられるようになり、あまり見に行かないサイトでも、ピンで固定することができるようになった。

オムニボックスは、Chromeのオールインワン「アドレスバー兼検索バー」だ。単語を入力すると、候補がドロップダウンメニューに出てくる。今回これにアイコンが加わり、検索結果とブックマークとウェブサイトを区別できるようになった。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

“Google Chromeベータ最新版は「30%高速化」、HTML5サポート、そして見た目も美しくなった” への1件のコメント

  1. ベータ最新版 Google Chrome…

    Google Chromeベータ最新版は「30%高速化」、HTML5サポート、そして見た目も美しくなった TechCrunchさんの記事から 『 Googleが、ChromeブラウザーのWindows用最新ベータ版を公開した。同社による…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中