おお、ドラマティックなことになってきた―Twitter、DDOS攻撃でダウン

次の記事

YouTubeのファウンダー、Chad Hurley、アメリカのF1チームの大スポンサーと判明

太平洋時間の今日(米国時間8/6)、午前6時に始めって以来長引いていたTwitterのダウンDDOS〔分散サービス拒否〕攻撃によるものと判明した。おお。Twitterがスタートしてからずっとおなじみの普通のダウンより だいぶドラマティックなことになってきたようだ。続報を待たれよ。

アップデート: 8:16 AM、Twitterは部分的に回復した。

アップデート 2: Twitterはステータス・ページで「サイトは回復したが、依然DDOS攻撃を防御中」だと発表した。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01