google voice

私がiPhoneをやめてGoogle Voiceの虜になった理由

次の記事

Dellが12インチノートPCをやめる本当の理由

7月の終りに私は、将来iPhoneとAT&Tをやめ、携帯番号をGoogle Voiceに移行して、好きなモバイル機器を(あるいは多数を同時に)使うつもりであると宣言した。本日(米国時間8/9)、謹んでこの計画の最新状況をお伝えしたい ― 移行完了。もはや私はiPhone教団の一員ではない。

番号をGoogle Voiceに移行するには3日を要したが、これは事前に聞かされていたことだ。米国のモバイルキャリアー各社は、相互の番号移行については比較的簡単にできるしくみを作っていて、手続きは数時間で完了する。しかし、番号をGoogle Voiceに移行しようという客を手助けすることにはあまり熱心ではないために、余分な日数がかかったのである。かつ、私はGoogle Voiceに番号移行した最初の何人かだったので、人柱にはいろいろと起きるのが常だ。

一週間前、私はAT&TとiPhoneの不幸なユーザーだった。自宅に携帯電波が届かないために、しょっちゅう大切な電話を受け損ねていた。

今日から私は、幸せなGoogle Voiceユーザーである。以前の携帯番号、つまり私の知人が既に知っている番号に電話がかかると、自宅のVonageの電話と、使い始めたばかりのTMobile myTouch 3G Android機の両方が同時に鳴る(ちなみに、TMobileはここわが家でもしっかり使える)。新しい電話機に変えたくなったら、Google Voiceの設定を変更するだけで電話が転送されてくる。もう、どこのキャリアーの締め付けにあうこともない。

16すべての通話が二つの電話に同時にかかってくるだけでなく、ボイスメールもすべてGoogle Voiceで集約され、文字起こしされてメールとSMSで送られてくる(Google Voiceの詳しい解説はこちら)。そして私はAndroid用のGoogle Voiceアプリケーションを使っているので、かけた電話の発信者番号は、携帯電話に割り振られた番号ではなく、元の私の番号になる。

Google Voice最高の機能といえるのが通話拒否設定だ。SMSや通話でスパムを送り続ける相手がいたら、ワンクリックで二度と通話もSMSも来なくなる。

で、何か不都合は?

AT&Tに解約手数料$175を払わなければならなかったこと。それだけの話。

そしてこのmyTouchという機種(TMobileがテスト期間用無料で提供してくれたもの)は、すばらしいハードウェアである。私はiPhone 3GSより優れていると確信している。カメラやビデオの立ち上がりは速いし、ウェブページはiPhone/AT&Tの2/3の時間で読み込まれる(たぶんiPhoneよりAT&Tの責任だろうが)。Androidアプリは電話機の内蔵機能にもアクセスできるので、断然面白い(だから例えば、iPhoneでは禁止されたGoogle Voiceが、myTouchの内蔵電話アプリに取って代ることができる)。さらにはGoogle Talkのようなアプリをバックグラウンドに常駐させることができるので、知人とのチャット画面を開きっぱなしにしておくことも可能だ。

Google Voiceは完璧に近いサービスだと言ってもよい。唯一望むなら、MVNO(仮想移動体通信事業者)になって、自らモバイルサービスを提供してくれることくらいだ。あとテザリングもできれば嬉しいだろう。しかし今のところ、私はこのモバイル環境に非常に満足している。もう、キャリアと直接やりとりするつもりはない。

携帯番号をGoogle Voiceに移行して、私と同じことがしたい人へ。今すぐにはできないが、今年中には移行サービスが一般公開される。それまでにキャリアーと長期契約を結ぶことのないように。もうすぐみなさんにも、すばらしい生活が待っている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

“私がiPhoneをやめてGoogle Voiceの虜になった理由” への23件のフィードバック

  1. 気になる事 2009/08/10…

    Chop Sabersお箸の国の人だから。ライトセーバーチョップスティック(箸) 昨日辺りから話題のライトセイバー箸。音出れば最高なんだけどなw

    痛いニュース:「大切なガンダムのプ…

  2. […] 私がiPhoneをやめてGoogle Voiceの虜になった理由. […]

  3. […] 「私がiPhoneをやめてGoogle Voiceの虜になった理由 」という記事を読んで。 […]

  4. […] 私がiPhoneをやめてGoogle Voiceの虜になった理由 日本でもGoogle Voiceが使える様になれば嬉しいナァ。 iPhoneをやめるつもりはないけど。 […]

  5. […] 引用元: 私がiPhoneをやめてGoogle Voiceの虜になった理由. […]

  6. […] Google Voiceというものをあまりわかってないのでちょっと調べてみよう。 関連記事:私がiPhoneをやめてGoogle Voiceの虜になった理由 […]

  7. moshsuzuki より:

    たしかにこりゃ便利ですね!
    日本で展開するのであれば、050→090、0ABJの転送料、発信元番号を050に置き換えること、日本語でのtranscript、050へのSMS及びその090への転送など
    課題は多そうですが・・

    • kudaranai より:

      課題のうちには入らないよ。知ったかぶりしてくだらねことかくな。

  8. […] 私がiPhoneをやめてGoogle Voiceの虜になった理由 […]

  9. […] 私が iPhoneをやめたことを書いた記事が、単に人目を引くためのものだと思っている人は考え直した方がいい。TMobileのmyTouchを使い始めて数週間になるが、iPhoneに戻ろうと思ったことは、ただの一度もない(バックグラウンドアプリと、Google Voiceのフルサポートはすばらしい)。しかし、常駐のAppleオタクや、普遍的iPhoneファンであるMG Sieglerは、Android > iPhone、という図式を認めようとしない。われわれは、この件に関してYammer上で内部討論を重ねた、もっともその殆どが私に対する個人攻撃だった。左にあるようなコメントが、MGにとって精一杯の反撃だ。 […]

  10. […] 第二の部分、すなわちGoogle VoiceアプリケーションがiPhone独特のユーザ経験を阻害するという主張は、きわめてまやかし的だ。過去数か月間にわたってGoogle VoiceのWebサービスとアプリケーションの両方をじっくり使い込んだことのある私としては、こんないいかげんな主張は困る!と言いたい。たとえば、この記事とこの記事とこの記事と、そしてこの記事を読んでみてほしい。iPhoneの上ではいまだに使えないのだから、iPhoneでGoogle Voiceアプリを使ったことはない。でもこの2か月ぐらい、Googleの連中から何度も説明を聞いたところによると、Google VoiceがiPhoneの機能の邪魔をすることはありえない。Google VoiceアプリケーションのBlackberryバージョンも使ってみたし、今ではAndroidバージョンを使っているが、その経験に照らしてもAppleの主張はオカシイ。 […]

  11. […] 私は、携帯電話のすべての通話でGoogle Voiceを使っていて、この問題に気付いていないが、私はめったに数分以上話さない。しかも、最近までiPhoneユーザーだったおかげで、通話中に切れることには慣れているので、恐らく切れても気付かなかっただろう。iPhoneで15分以上切れずに話したことが、一度でもあったかどうか。 […]

  12. […] ただしぼくは、ママの電話に出れなかった。すると、最近使い始めたGoogle Voiceが、留守電を保存し、内容を自動的にテキストに書き起こしてくれた。話がおかしくなるのは、ここからだ。 […]

  13. […] 2回の会話のうち1回は、技術的に見てすばらしいものだった。JonathanはSkypeでぼくに電話をし、それがSkype Outでぼくのケータイに転送されたが、たまたまぼくはその電話に出れなかった。今ではGoogleがぼくの携帯番号をコントロールしているから、ぼくの設定によりケータイと家のVonageの電話が鳴る。ぼくは家の電話のほうで話をしたが、音声は非常に鮮明でタイムラグもなかった。 […]

  14. […] これは理解できる。なぜならこのOSは(Windows Mobileと違って)無料だし、AppleとRIM(閉鎖的な連中)以外の電話会社と端末メーカーにとって、誰かが本気で使いたくなるスマートホンを作るチャンスを与えてくれるものだからだ。私がAndroidに乗り換えたのは、Google Voiceが本格サポートされていることが大きな理由だった。それもAndroidがまだ生まれたてにも関わらず、である。現在大方のユーザーが使っているVersion 1.5は、ユーザーインターフェースが不完全な上、今のハードウェアではやや動作がもたつく。 […]

  15. […] 二(ふた)月前に3台のコンピュータをSnow Leopardにアップグレードしたが、そのうちの、まだ新しいiMacは、今なお石になったままだ。だから、ぼくみたいな熱心なMacユーザでも(今ではiPhoneの熱心なユーザではないが)、今度のMac vs PCのコマーシャルでAppleがWindows 7をやっつけるのを見ているとアタマにくるね。Windows 7は、とてもしっかりしたオペレーティングシステムのようだ。ぼくの問題のiMacの上でも動くかもしれない。だから、いいかげんで黙れよApple。(Erictricより) CrunchBase Information Apple Microsoft Information provided by CrunchBase […]

  16. […] ぼくの場合は、自分のケータイの番号をAT&TからGoogle Voiceに移すという方法で、GVへの移行をわりと簡単に行えた。Googleによれば、既存番号の利用は今後もっと対象が拡大されるそうだ。 […]

  17. […] Android携帯への乗り換えを考えているが、まだ踏み切れないでいる読者にお知らせがある。Google Mapsのナビ・アプリはスーパー・クールだ! このアプリはAndroid2.0携帯でしか利用できない。 […]

  18. […] 第一にGoogle Voiceの機能が完全に利用できるようになった。ユーザーhGoogle Voiceの電話番号をこの携帯にも割り当てることができる。Nexus Oneからの音声通話、SMSの発信元として相手方にはその番号が表示される。私の意見では、Google Voiceが自由に利用できるという点こそAndroid携帯の最大のメリットだ。これが私が当分Android以外のプラットフォームに乗り換えるつもりがない理由だ。 […]

  19. […] GoogleのキラーVoiceサービス。 「私がiPhoneをやめてGoogle Voiceの虜になった理由(TechCrunch)」にもあるように、当たり前だが出来ていなかった、インターネットと通話の融合。 […]

  20. […] TechCrunchのエディターであるMichael Arringtonが、Androidのファンであるのは有名な話だ。こちらの記事の頃よりAndroidに鞍替えしたようだ(そしていまやiPhoneを敵対視している)。しかし、情報筋によるとArringtonは6月25日の発売をまってiPhone 4を購入することにしているらしい。情報を提供してくれた人というのはArrington自身なので間違いない。 […]

  21. […] 誰でも簡単には招待されなかったころのGoogle Voiceは、良かったな。そのころは、ほとんどいつでも快調、すごく便利なサービスだから、たまのダウンぐらい許せた。しかし先週は、良くって気まぐれ、まったく使えないときもけっこうあった。今では自分の電話番号はGoogleの番号だから、当面は使い続けるしかない。でも、早く対策しないとGoogleは、ぼくというユーザを失ってしまうぞ。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在391人フォロワーがいます。