Google Voice拒否をめぐるAppleとGoogleとAT&TとFCCのもめごと–その最終的な落としどころは果たして?

次の記事

MITメディアラボのPersonasプロジェクトは、けっこう遊べておもしろいよ!

【抄訳】
Appleが、GoogleサードパーティのiPhoneアプリケーションを拒否した件に関するFCCからの質問状に対し、回答を提出した。

要約すると、AppleはGoogle Voiceとそのアプリケーションを拒否したことを否定し、しかしGoogle Voiceが“iPhone独特のユーザ経験”を阻害するという主張を、非常に詳細に説明している。それらの文面はすべて、真実でないか、または読む人の誤解を招くか、またはその両方だ。

Appleの回答の最初の部分、すなわち、Google Voiceとそのアプリケーションを拒否したことはないという主張は、Google VoiceのAppleにおける審査過程について知っている多くの情報筋によれば、“完全な嘘”である。

第二の部分、すなわちGoogle VoiceアプリケーションがiPhone独特のユーザ経験を阻害するという主張は、きわめてまやかし的だ。過去数か月間にわたってGoogle VoiceのWebサービスとアプリケーションの両方をじっくり使い込んだことのある私としては、こんないいかげんな主張は困る!と言いたい。たとえば、この記事この記事この記事と、そしてこの記事を読んでみてほしい。iPhoneの上ではいまだに使えないのだから、iPhoneでGoogle Voiceアプリを使ったことはない。でもこの2か月ぐらい、Googleの連中から何度も説明を聞いたところによると、Google VoiceがiPhoneの機能の邪魔をすることはありえない。Google VoiceアプリケーションのBlackberryバージョンも使ってみたし、今ではAndroidバージョンを使っているが、その経験に照らしてもAppleの主張はオカシイ。

以下、Appleの主な主張に私のコメントを対応させてみよう:

Apple: “報道されていることとは逆に、AppleはGoogle Voiceアプリケーションを拒否しておらず、調査を続けている。”

現実: あるサードパーティのGoogle Voiceアプリケーションのデベロッパが7月に本誌に語ったところによれば、Appleの上級副社長Phil Schillerが彼らに、Google自身のアプリケーションが拒否されるかまたはすでに拒否されたと言った。Googleものちにこのことを本誌に対し確認した〔GoogleからFCCへの回答もその線のもよう〕。これは、Appleが実際にアプリケーションを拒否したことの圧倒的な証拠だ。

Apple: “アプリケーションが未承認なのは、検討用に提出された状態では、iPhoneの中核的なモバイル電話機能や、電話の起呼、テキストメッセージング、およびボイスメールなどの独自のユーザインタフェイスから成るAppleのユーザインタフェイスを置き換えることによって、iPhone独自のユーザ経験を変えてしまうと思われるからである。Appleは長い年月と努力を傾けて、iPhoneの中核的機能をシームレスに提供する独自の革新的なやり方を開発してきた。”

現実: この文面は、Google VoiceアプリケーションがAppleのiPhone OSの中核的機能の大半を置き換えると強力に示唆している。これはどう見ても正確ではなく、誤解を招く言い方だと思う。詳細は下に述べるが、しかし一般的に言ってもiPhoneのアプリケーションは動作がきわめて表層的であり〔深くない〕、ネイティブのiPhoneアプリケーションのどれとも干渉するようなものではない。

Apple: “たとえばiPhone上には”Phone”アイコンがHome Screenの下に表示されていて、Appleのモバイル電話アプリケーションを立ち上げ、Favorites、Recents、Contacts、Keypad、Visual Voicemailなどへのアクセスを提供する。Google Voiceアプリケーションは起呼を、ボイスメールを保存する独自の電話番号に振り向けることによって、AppleのVisual Voicemailを置き換え、ボイスメールがiPhone上に保存されることを妨げ、したがってAppleのVisual Voicemailを不能にする。”

現実: これは真実でなく誤解に導く。Google Voiceアプリケーションには独自のボイスメール機能があり、メッセージの書き起こしを独自に行う。しかしそれはGoogle Voiceへの入信に対してのみであり、iPhoneへの入信ではない。Google VoiceアプリケーションがAppleのボイスメール機能に”置き換わる”ことはあり得ない。

Apple: “同様に、SMSのテキストメッセージングはGoogleのハブが管理し、iPhoneのテキストメッセージング機能を置き換える。”

Reality: これは真実でなく誤解に導く。Google VoiceアプリケーションがiPhoneのテキストメッセージング機能に置き換わったり、それを妨害することはありえない。誰かがテキストメッセージをGoogle Voiceの番号に送ったら、Google Voiceアプリケーションはそれを表示する。iPhoneの電話番号に直接送ったら、何も変なことは起きない。

Apple: “さらに、iPhoneユーザのContactsのデータベース全体がGoogleのデータベースに送られるが、Googleがそれを正しいやり方でのみ使用するという保証はない。これらの要因はいくつかの新しい問題と疑問をわれわれに提示し、われわれはそれらの問題と疑問を目下、熟考しているところである。”

現実: まやかしどころか、完全な作り話。Google VoiceアプリケーションがiPhoneのコンタクトデータベースにアクセスできるのは、そのほかの何千ものiPhoneアプリケーションと同じである。しかしGoogle Voiceアプリケーションがコンタクトデータベースを自分のサーバにsyncすることは絶対にない。ユーザがそういうことを指定できるオプションもない。ただしAppleはiTunesによってiPhoneのコンタクトをGoogleにsyncする機能を提供している。したがって、Appleの文面が真実でないだけでなく、Apple自身がまさにこの機能を自分のサービスによって提供しているのだ。

〔中略…GoogleはFCCへの返信の文面を公開していない。〕

では今後どうなるのか?

Appleは、アプリケーションを拒否しなかったという嘘と、どれ一つとして真実ではない長い長い汚い洗濯物のリストを、撤回せざるをえないから、最終的には、もうすぐGoogle Voiceアプリケーションを単純に受け入れるだろう。それ以外に、彼らの道はない。

〔中略〕

Appleは、ユーザをコントロールする/できるという下司根性を捨てるべきだ。ユーザは、あんたがたが思うほど馬鹿ではない。

〔後略〕

[原文へ]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))