wish 2009
agile media network

アジャイルメディアネットワーク、東京でWISH 2009開催 ― スタートアップ14社がデモ

次の記事

Google Voice拒否をめぐるAppleとGoogleとAT&TとFCCのもめごと–その最終的な落としどころは果たして?

wish_2009
先週の金曜、WISH 2009に参加してきた。これは今回新しくスタートしたイベントで、日本のスタートアップ14社がステージに上り、審査員と400人を超す聴衆に向けてデモを披露した。東京で開催されたこのイベントは、日本のFederated Mediaともいうべきブログ広告ネットワーク企業、Agile Media Networkが主催した。

最優秀賞を獲得したのはJoker Racerというサービスだった。しかし他のプレゼンもそれなりに面白く、審査員賞を受賞したものもあり、メディアの注目を集めたものもあった。14のサービスの大半は英語版が用意されている(あるいは近々用意される予定)。以下にWISH2009でデモされたサービス、アプリを簡単に紹介する。

jokerracer_logoJoker Racer (最優秀賞とアジャイル・メディア・ネットワーク賞を受賞)
Joker Racerは模型の自動車をブラウザを通じてリモートコントロールするシステムだ。つまり世界のどこにあるミニチュアカーでもリアルタイムで操縦できる。ミニチュアカーはGPSとWiFi、カメラを装備し、ミニLinuxサーバでコントロールされる。なんとiPhoneで操縦することもできる。

すでにこのサイトでユーザー登録を受け付けている。ただし、実際に利用できるようなるのは8月26日の公式ローンチ以降となる。ここでさらにビデオを見ることができる。

cerevo_logo Cerevoインプレス賞を受賞)
Cerevoは完全に独自開発のデジカメで、同社が並行して開発中の写真共有サービスとシームレスに連動する。Wi-Fi接続の“Cerevoカメラは、ユーザーがいっさい操作する必要なしにまったく自動的に写真を共有サイトにアップロードする。友達と共有するのも簡単(携帯からメールする等)で、Flickr、Twitterその他のサービスにアップロードすることもできる。今年中に日本語版、国際版ともにリリース予定。Cerevoについてはここに詳しい情報がある。.

actionpad_logo
Action*Pad
CNETジャパン賞
Action*Padはウェブを通じて(携帯を含む)グループ・ユーザーがアクセスできるシンプルなto-doリストだ。ユーザーは単にURLとパスワードを入力するだけでただちに利用を始めることができる。ユーザー登録は必要としない。現在まだ正式公開はされていないい。

dressphile_logoドレスファイル日経BP賞
ドレスファイルはオンラインとオフラインを組み合わせたサービスだ。大量の衣類を買いこんで置き場所に困っている買い物好きなユーザーは、このサービスに登録して、余分な洋服を取りに来させることができる。ドレスファイルは1着につき月額290円でクリーニングしたうえ安全に保管してくれる(集配料は1回700円)。

ドレスファイルはクリーニングのみのサービスを受け付けており、またユーザーの衣類のデータベースも保管してくれる(サムネイル画像で一覧表示される)。ドレスファイルでは、このデータベース機能を利用して、ユーザーが不要な衣類をオンラインで公開し販売できるシステムを計画している。

lang_8_logoLang-8IT Media賞を受賞)
Lang-8 はSNS風味を加えた外国語の交換教授サイトだ。2007年創立で、現在14ヶ国語が利用可能。Lang-8は特にその外国語で書く技術の習得に力を入れている。ユーザーがブログ記事を外国語で書いて公開すると、ネーティブスピーカーが読んでチェックしてくれる。Lang-8についてはこちらに詳しい情報がある。

xtel_logo_corporate xtel
ギズモード・ジャパン賞
xtel慶應大学が開発したユビキタス・コンテンツの開発サポートシステム。4つのモジュールがデモされた。MOXA(小型のI/Oボード)、Talktic (MOXAのアプリケーションを開発するためのコンパイラ・ライブラリ)、 Entity Collaborator(ネットワークアプリを開発するためのJavaベースのネットワーク)、LIFE(サーバ・システム)。

慶應大学が開発した各種のすばらしい成果についてはこちらに日英版のPDFファイルがある。

conit_logo_newCONIT iPhone用コンテンツ料金支払いシステム

CONIT はiPhone用コンテンツ料金支払いシステムで、多くのiPhoneデベロッパーに有用だろう。CONITはデベロッパー向けにコンテンツの利用料金を含め、アプリ内からの支払いを(新規アプリにも既存アプリにも)容易に組み込めるよう手助けする。 このシステムを利用すればコンテンツ・サーバは不要。詳しくは下のプレゼンを参照。

yonda4読んだ4
読んだ4(よんだよ)は自分が読んだ本や漫画についての情報をTwitterで簡単に共有するサービスだ。Twitterに読んだ本のタイトルを入力し、@yonda4に送るだけでよい。文字数に余裕があれば自分のコメントを加えてもよい。ユーザーがYonda4のウェブサイトにアクセスすると、自分の読んだ本のリストに加えて、似たような読書傾向の他のユーザーの情報が表示される。Androidユーザーは本のバーコード(ISBN番号)をスキャンするだけでTwitterにタイトルが入力される(Yonda4のAndroidアプリ)。

kokuban_in_logoこくばん.in
こくばん.inはFlashベースのソーシャルお絵かきサービスだ。ユーザーは仮想黒板にマウスで絵を描くことができる。サービスはその一部始終の動作を記録する。リリースは昨年で、このサービスにはすでに何万というスケッチが登録されている。CEOの宗原吉則氏は公序良俗に反する絵を自動的に排除する新しいシステムについて説明した。

user_insightUser Insight
User Insightはウェブ・マーケティング・ツールで、サイト内のユーザーの行動を分析し、収集したデータをヒートマップなどの形で視覚化する。サイトの訪問者の属性(性別、年齢等)やどのページに興味を示したか、どのリンクがどれほどクリックされたか、などの情報が得られる。UserInsightサービスは来月公式にスタートする。現在、英語版と中国語版が開発中。

sonybanklogoソニーバンク 人生通帳/ライフイベントサポーター
ソニーバンク(ソニー・ジャパンの子会社のオンライン銀行)は人生通帳と名づけた個人向け資産運用・管理サービスを発表した。同種の資産管理ツールと同様、クレジットカードや携帯電話口座などのログイン情報を登録することで個人の支出のモニタと管理を行う機能がある。

30min_logo30min. [JP]
30min.(サンゼロミニッツ) は位置情報をベースのシティーガイドのポータルだ。ユーザーの現在位置をベースにしてウェブ上の他のブログからレストラン、小売店などの情報を収集して提供する。サンゼロミニッツという名前のとおり、ユーザーの現在地から30分で行ける範囲の店舗情報が表示される。これに加えて、なんと8千もの個人ブログからのコメントが収集されている。30min. iPhoneアプリ[ iTunes link、無料]もある。

carwings_nissanニッサン・カーウィングス
ニッサンの担当者がカーウィングス(ニッサンの依然として日本のみ対象の高機能カーナビ・サービス)のウェブ連携機能を説明した。RSSフィードの表示と音声読み上げ、Googleカレンダー、Google マ
プ情報の表示、ガソリン価格情報サービスのgogo.gsの表示等がサポートされているという。

link_knowledgeLink Knowledge [JP]
Link Knowledgeは非常に強力なCRM(顧客関係管理)、SFA(セールス・フォース自動化)のためのSaaSソリューションのようだ。中心となるコンセプトは、名刺をスキャンして自動的にデータベース化して保管し、社内の他のユーザーからLink Knowledgeサービスを通じて利用できるようにすることだ。DM担当者、営業担当者による見込み顧客情報の最大限の活用が可能になる。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01