microsoft bing
Chitika

検索となると、BingをIEにバンドルしても殆ど効果がない

次の記事

Twitterを匿名で使う。良い結果は望めない

90年代、NetscapeとInternet Explorerの初期ブラウザー戦争の際、Microsoftの武器はIEをWindowsの標準ブラウザーとしてバンドルできることだった。バンドル作戦で市場シェアを獲得すると、政府は同社を反トラスト法で訴えた。

時は変わって今日の検索戦争。検索エンジンをブラウザーにバンドルすれば、市場シェアに〈何らかの〉インパクトを与えられる、とみなさんは思うだろう。しかし、検索広告ネットワークChitikaの最新データによると、Bingに限っては、IEにバンドルした効果は殆どみられないようだ。

Chitikaは、以前、Bing検索の利用者が満足しているという調査結果を出したことのある会社で、5万サイトに上る同社ネットワークでの1億回以上の検索広告表示を元に、どのブラウザーと検索エンジンの組み合わせが使われているかを調べた。BingはIEの標準検索エンジンになっているが、検索にBingを使用しているのはIEユーザーのうちわずか10.3%だった。これに対して、Firefoxユーザーの87%、Safariユーザーの92%がGoogleで検索している。Googleは両ブラウザーの標準検索エンジンである。GoogleはIEでも74%のシェアを持っていることから、多くのユーザーにとって切り替えは難しくなかったようだ。

どうやらバンドルは、BingのIEユーザーでの強味にはなっていないようだ。10.3%のシェアというのは、comScoreが測定したBingの米国内での全検索シェア8.9%をわずかに上回っているだけだ。ただしこれはあくまでも参考データにすぎない(両者は別々の調査によるデータであり、Chitikaのデータには米国のほかにカナダも含まれているため、直接比較できるものではない)。ともあれ、反トラスト法調査員たちは、かつてのバンドル問題を持ち出すことはできないだろう。

アップデート:Bingが標準検索エンジンになるのは、IEを初めてダウンロードした場合だけだ。他のブラウザーと同じく、アップグレードした場合は、ユーザーの元の設定が移行される。また、PC製造業者は検索エンジンに関する契約で、IEに好みの検索エンジンを付けて出荷できる権利を勝ち取った。現在Bingは、Dell(全世界)、HP(米国およびカナダ)およびLenovo(全世界)各社のPCの標準検索エンジンになっている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

“検索となると、BingをIEにバンドルしても殆ど効果がない” への1件のコメント

  1. Mufufu より:

    まさかこんな時代が来るとはなぁ。ブラウザのシェアがどうこう騒がれていた昔が懐かしいです。そのうち特定の検索エンジンしか使えない代わりに安いPCとか出てきたりして。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中