creately

Visioの代替たり得るか? UML、サイトマップ等各種ダイアグラムを作成できるCreatelyが一般公開

次の記事

[CG]このスゴいヤツはいったい誰だ

2008年にTechCrunch50のDemopitでデビューしたダイアグラム作成およびデザインをオンラインで行うCinergixCreatelyが一般公開された(これまではプライベートベータだった)。Createlyはフローチャート、ワイヤーフレーム、ネットワークダイアグラム、サイトマップ等々を作成したり、共同で編集するためのツールだ。

Createlyの機能およびツール群は、従来のデザインないしグラフィックソフトウェアでも提供されているものだ。しかしCreatelyは使い勝手がよく、さらに利用者間での共同作業が行いやすくなっている。

アプリケーションの持つ機能についてはいろいろと説明がある。要点をまとめると使い勝手がよく直感的に操作できるということだ。たとえばキャンバス上でオブジェクトを選択するとコンテクスト・ツールバーが表示される。このツールバーはオブジェクトの種類やサイズに応じて、利用頻度の高いツール群が表示されるようになっている。そして共同創立者のCharanjit Singhは、デザインプロセスにおけるコラボレーションの重要性を強く意識している。したがってCreatelyにはコメント付加機能、共有機能、公開機能、埋め込み機能などが用意されており、またTwitterにて直接公開する機能などが用意されている。また機能のほとんどは無料で利用することができる。

今回の一般公開と同時に、有料版および収益化計画についてもアナウンスされている。無料版にても無制限にダイアグラムを作成してCreately上で公開することができる。ただし共同作業を行うことができる人数が5名に制限され、ダイアグラム公開時にCreatelyのロゴが付されることとなる。もちろん埋め込み機能や共有機能についての制限はない。有料版では好きな場所でダイアグラムを公開することができ、ロゴが付されることもない。尚、有料版の価格がまだ公表されておらず、この点については現在問い合わせ中だ。

Createlyに似た機能を持つソフトウェアとしては、マイクロソフトのVisioが有名だ。ただしそちらの方が複雑で、ウェブベースではない単体のアプリケーションとして動作する。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)