Yoko OnoとSky NewsはApple待望のビートルズ発売をだめにした?

次の記事

[CG]明日のアップルイベント予想総まとめ

それはSteve Jobsが待ちに待ったニュースだった。かれの大好きな、そして史上最高のバンドが、ついに彼の店からも買えるようになるのだ。ところがどうやら彼は、鳶に油揚げをさらわれてしまったようだ。2時間前にSky Newsは、あのすばらしき四人組(Fab Four)がついにiTunesにやってくると報じた。ニュースソースはJohn Lennonの未亡人Yoko Onoとされていた。記事の書き出しはこうなっていた:

“ビートルズの過去のすべての曲がiTunesで買えるようになる、Yoko OnoがSky Newsにそう語った。”

でもこの記事が出てほとんどすぐにSky Newsはそれを取り下げて、そのあとにはブランクページだけが残った〔現在は通常のエラーページへリダイレクト〕。Google Newsにはしばらくキャッシュがあったが、それも記録的なほどの短時間で消えたようだ。9to5macがSky Newsに説明を求めると、何もコメントできないという答えが返ってきた。

現時点では2つの可能性がある: Skyが大誤報をやらかしたか、またはAppleがもみ消しを図ったかだ。たぶん、後者だろう。でも、だからといって、明日になればiTunesにビートルズが登場するとはかぎらない(Skyの記事は発売日を明記していなかった)。というか、Financial Timesの今日(米国時間9/8)の記事は、EMIの国際営業担当社長Ernesto Schmittの言葉を引用して、9月9日はないと明言している: “AppleとEMIの話し合いは続いており、近いうちにデジタル形式での提供が可能になると思う。しかしそれは、明日ではない”。

Financial Timesの記事はさらに、Paul McCartney、Ringo Starr、Yoko Ono、Olivia Harrisonの4名はiTunesでの発売を望んでいるが、海賊行為を恐れるEMIが反対していると述べている(McCartneyによれば、EMIは、曲がWeb上に流れた場合にはそれが同社の責任になることを懸念している)。もちろん、現時点では、ビートルズの曲をオンラインで入手するための唯一の方法が、海賊行為を利用することだ。

〔参考: この記事より3時間後のCNETの記事。〕

〔無駄な訳注: クイズ: この記事に2箇所ある’Apple’は、どっちのAppleでしょうか?〕

[原文へ]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))