Twitter、新たにベンチャー調達ラウンド完了へ。評価額は$1B

次の記事

TC50: 道路の穴ぼこや落書きなど、生活上での苦情を直ちに役所に報告できるCitySourced

急成長のスタートアップTwitterが、非公開ベンチャーラウンド評価額$1B(10億ドル)という選りぬきスタートアップのグループに、まもなく仲間入りする。複数の情報筋による。CEO Evan Williamsは、このラウンドについて、最近全社会議の場で従業員に伝えている。

同社の調達額は$50M(5000万ドル)程度になるだろうと言われているが、最終的な金額は未だに確定していない模様。

Twitterは今年、Benchmark CapitalとInstitutional Venture Partnersのリードで、$35M(3500万ドル)超を調達した。当時の企業評価額は$250M(2億5000万ドル)だった。

同社はこれまでに総額約$55M(5500万ドル)を調達しており、情報筋によるとそのうちの約$30M(3000万ドル)が今も銀行口座に残っているという。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)