[jp] TC50:ラウンドアップ セッション5&6 (ビジネス・アプリケーション・有料モデルと通販プラットフォーム)

次の記事

[jp] TC50:ラウンドアップ セッション3&4 (新しい広告手法と収益化のプラットフォーム・地域とクラシファイド広告市場)

セッション5(ビジネス・アプリケーション)とセッション6(有料モデルと通販プラットフォーム)のエキスパートパネルは以下の5人。Kevin Rose氏(Diggの創業者)・Lior Zorea氏(Perkins Coie Menlo Parkオフィスのパートナー)・Bradley Horowitz氏(Gmail、Calendar、Google Talk、Google Voice、Google Docs、Blogger、Picasa等のGoogle Appsのプロダクトマネージャー)・Tim O’Reilly氏(O’Reilly Media, Inc の創業者兼CEO) ・Satish Dharmaraj氏(Redpoint Venturesのパートナー)。

一眼レフ 2490

セッション5(ビジネス・アプリケーション)でエキスパートの評価が高かったのはCitySourcedCrowdFlowerAffectiveInterfaces の3社。

CitySourcedは街中で落書きやゴミなどを見つけたら、ユーザーはiPhoneから写真つきで報告をすることができ、管轄の市役所にその情報が送られる。どの時期、どのエリアで問題が多発しているかグラフや地図上で見ることができる。市独自で同様のシステムを開発することもできるが、 CitySourcedであれば全国で使えるので例えばサンフランシスコ在住の人がニューヨークで報告をすることができるというメリットもある。

一眼レフ 2531

既にサンノゼ市との契約が締結済とのことで、市の担当者もゲストで登場し、期待を語った。司会のJasonは「今年は契約書を持ってきたり、実際のクライアントを連れてきたりとすごいね!」と絶賛。CitySourcedは準優勝3社のうち一つに選ばれた。

一眼レフ 2527

CrowdFlowerはスパムコメントの削除や画像のチェック等の面倒くさい作業をクラウドソースするというサービス。自動で行う物もあるが、精度は 80%程度と低く、CrowdFlowerでは人間がやるので99%の精度が出せるという。誰がどのタスクでどの程度の精度を出したかという履歴を残しているため、「すごくつまらない仕事を99%の精度でやってくれるのが誰か、僕たちにはわかる」と語る。

一眼レフ 2555

Affective Interfacesは表情を読み取るテクノロジーを持っており、例えばコマーシャルを見ながら被験者がどのような表情をしているかを動画で見ることができ、またどのタイミングでどのような感情を持ったのかをデータで見ることができる。性別年代等の属性情報と合わせて分析することもできる。グループインタビュー等の調査におおいに役立つものとして期待された。

一眼レフ 2513

当日撮影されたエキスパートの1人Kevin Roseの表情も分析。

一眼レフ 2514

また、バグを直す等の対戦ゲームを通じて技術者のスキルアセスメントやスキルアップができるTrollim が最優秀国際賞を受賞した。

一眼レフ 2539

セッション6(有料モデルと通販プラットフォーム)でエキスパートの評価が高かったのはBreakThroughGlide Healthの2つ。

BreakThroughとは、2時間もかけてセラピストに行く暇のない現代人のためのメンタルヘルスケアサービス。セラピストを探したり、メールや電話、動画チャット(Skype)で遠隔セラピーを受けたりすることができる。

一眼レフ 2594

GlideHealthは色々なプラットフォーム、フォーマットで医療データが扱われている現状を打開し、医療機関の間で患者の医療履歴やレントゲンの写真等のデータを共有することができるサービス。レントゲン写真を共有しながら医療機関同士でオンラインミーティングを行うこともできる。

一眼レフ 2602

Fumi Yamazaki