YouTubeが5つ星級の発見:評価システムは無意味だった

次の記事

なんでFacebookにこんな記事が

+ratings+graph

上のグラフは笑える。これは、YouTubeのビデオをユーザーがどう評価しているかを表したものだ。ご覧のとおり、1つ星が少しと大量の5つ星があって、2、3、4は事実上ゼロだ。というわけでYouTubeが今日(米国時間9/22)のブログ記事で、スターシステムはビデオの評価には必ずしも適していないことを認めた。

もちろん、しばらくYouTubeを使ったことのある人なら、既に知っていることだ。さらに言えば、あらゆる5つ星評価システムに、同じことがあてはまる。ビデオ(に限らず何でも)が良いか悪いかは簡単にわかるが、いったいどうやって2つ星か3つ星か4つ星かを決められるというのか。誰もがこうした評価について独自の考えを持っていて、当然それは全くの主観だ。

AppleのApp Storeにも似たような問題がある。そして、もう一つの問題もYouTubeと同じで、殆どのユーザーが、アプリ(またはビデオ)を気に入るか、嫌うかだ。よって、星は1つまたは5つしか使わない。

YouTubeは記事の中でこう尋ねている、「サムズアップ/サムズダウンの方が効果的だろうか。それとも、お気に入り方式ならビデオが好きなことを宣言するのに効き目があるのだろうか」。たしかに2択(サムズアップ/サムズダウン)や1択(お気に入り)は、定義がはっきりしているので、有効な方法だ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)