1年待たされたフィットネスガジェット、Fitbitがついに発売開始

次の記事

Bing、Robotvision経由でiPhoneデビューを果たす

フィットネスガジェット、Fitbitは、昨年のTechCrunch50ヒットだった。山ほどの話題を呼び審査の結果 第2位に輝いた。ハードウェア会社がソフトウェアのスタートアップよりも、発売までに時間がかかることは、もちろんわかっていた。そして昨年9月以来、Fitbitは休むことなく、製品の改善を続けると共に、販売チャネルを確立し、オンラインプラットフォームにも手を加えてきた。もうこれ以上待つ必要はない。来週の火曜日(米国時間9/29)、Fitbitが正式に販売開始される。現在のサイトはベータ版で、火曜日にはデザインもリニューアルされる。

ではFitbitはいったい何をしてくれるのか。このオシャレで小さなデバイスを服に留めておくと、人の動きや睡眠、カロリー消費などを日夜記録し続ける。価格は$99。Fitbitは集めた情報を元に、ユーザーの動きに関するデータを集め、ユーザーがどれだけ運動したか、どれだけカロリーを消費したかを知るのを手助けする。何歩歩いたか、よく眠れたかもわかる。すべて内蔵の動作検出器のデータによる。デバイスに付いた小さなボタンを押すと、小さな青いLED画面に、歩数と消費カロリー数、歩行距離が交互に表示されるほか、自分の運動レベルの程度もわかる。これは小さい花で表されていて、運動すればするほど成長する(アイコンは変更できるらしい)。

そして最も画期的なのがこれ。デバイスはワイヤレスなので、あらゆるデータがワイヤレスベースステーションを通じて自動的に、コンピューターやウェブと同期する。どこかに差し込む必要もない。ベースステーション(パソコンにUSBケーブルで接続する)から3メートル以内にいれば、自動的にデバイスが同期する。ワイヤレス機能が働くためには、同期用ソフトウェアをMacまたはPCにインストールする必要がある。同期が完了すると、ネットで自分の健康ダッシュボードを見ることができる。

ダッシュボードは、比較的シンプルでよくまとまっている。年齢、身長、体重、性別を入力すると、1日の歩数などの基本データや、1日の行動の活発度を分析して最大最小値などが表示される。特定の行動を分析することによって、トレーニングの強度を測定することもできる。カロリーの消費と摂取に関して、Fitbitは毎日の消費カロリーを計算するほか、栄養データを入力しておくと、カロリー摂取量との比較もできるので、減量を考えている人にとっては理想的だ。さらにFitbitには、多くの種類の食品や料理、レストランチェーンのメニューの栄養データも入っているので、ユーザーの入力の負担を大きく減らすことができる。

私が特に魅力的だと思ったのは、睡眠パターンをモニターできる機能だ。寝るときにもデバイスを身に付けていれば、ユーザーの「睡眠健康状態」のスナップショットを見ることができる。眠りに落ちたり覚めたりするたびに、Fitbitが体の動きを記録して、眠りにつくまでの時間や、夜中に目が覚めた回数、実際の睡眠時間や床にいた時間などがわかる。これらの詳細状報はすべてダッシュボードで見ることができる。睡眠中にデバイスを身に付けても不快感がないように、同梱のリストバンドにFitbitを差し込めるようになっている。

Fitbitのファウンダー兼CEOのJames Parkが私に話してくれたところによると、ランニングやウォーキングの場合、Fitbtitの精度は歩数で99%、カロリー消費で90%だそうだ。しかし、ウェイトトレーニングや自転車など、その他の種類の運動に関しては、そこまでの精度はない。この問題を軽減するために、オンラインダッシュボードでは、ユーザーがトレーニングの種類や時間を手動で入れることができ、そのデータに基づいてFitibitが消費カロリーを計算する。

来週火曜日には、サイトが一般公開され、この1年間に予約した人たちは、ついにデバイスを受け取ることになる。現在Fitbitデバイスは同サイトでしか注文できないが、Parkによると、第4四半期中には、ウェブや小売店でも購入できるようにするとのこと。ただしどの店とパートナーになるかは明かさなかった。Fitbitは、昨年10月鮮かに $2M(200万ドル)を調達したが、Parkによると、生産体制と販売チャネル拡大のために、さらに資金を集めるつもりだという。

Fitbitは今後さらにソーシャルになる予定で、ユーザーがグループを作って、フィットネスの目標や活動を比べ合えるようになる。また同サイトではMint.comを真似て、自分の活動と健康状態を、性別身長体重の似た他人と比べることもできる。カスタマイズ可能なこのダッシュボードは無料で使えるが、近々プレミアム機能として、フィットネスのコーチングやガイダンスのカスタマイズなどを提供する予定だ。

ライバルはいるのだろうか。Fitbitと同じ機能を提供する類似商品で、市場に出回っているものに、 Philips Activity MonitorBodyBuggNike/iPod gear(睡眠パターンは測定しない)などがある。しかし、Fitbitの特長は、その価格とオシャレな作りだ。どんなポケットにも入るし、小さくて邪魔にならないのでブラに付けることもできる。PhilipsとBodyBuggの製品はいずれもかさばって、24時間身に付けることが困難だ。BodyBuggの強みは、カロリー消費を熱で測っていることで、この方がカロリーの測定方法としては優れている。Fitbitはカロリーを動きから計算しているが、それが身に着けやすい理由でもある。

私は去年のTechCrunch50には行かなかったのだが、それまでに使った万歩計の限界に不満を感じていたので、デモを見て以来大いに期待していた。データを解釈することに加えてワイヤレスでオンラインダッシュボードに繋ぐためにはかなりの苦労があったことだろう。また、食事やエクササイズや睡眠の理想的バランスを知ることができることにも価値がある。Fibitは、待った甲斐のある商品と言えそうだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)