Flash

Flash Pro CS5登場―Adobe 、iPhoneアプリ用にFlashを変換するツールをデモ

次の記事

米国インターネット広告、今年上半期は5.3%ダウン

ネバー・セイ・ネバー。諦めないでいるものだ。今日(米国時間10/5)、今年のAdobe MAX イベントで Adobe LabsiPhone/iPod Touch向けのFlashコンバータ・ツールをデモした。

このFlash Professional CS5を利用してすでにサードパーティーがiPhone用デモ・アプリを開発し、Apple App Storeに登録をすませている。AdobeではFlash Proの開発サポートが受けられる公開ベータ版を今年中にリリースする予定。

こちらに登録しておくと公開ベータ版がリリースされたときに通知を受けることができる。

iPhone、iPod TouchはいまだにFlashをサポートしていない。Flash Pro CS5を利用すると、デベロッパーは、すでにFlashテクノロジーを利用して作成されているアプリをiPhone、iPodTouch上で動画が表示できるように簡単にコンバートできる。つまりこれは一種の「間に合わせ」ツールだ。しかしデベロッパーは新規のコードを書く場合だけでなく、既存のアプリやコンテンツを再利用して、iPhone向けのアプリを作ることができる。またソースコードとコンテンツは全Flashプラットフォーム(AdobeAIRやFlash Playerを含む)で共通に利用できる。Flash Proによってデベロッパーは他の携帯、デスクトップ環境への対応も簡単になる。

しかし、これはあくまで開発者向けツールで、ユーザーは既存のFlashベースのコンテンツをiPhoneで再生することはできない。

こちらににさらに詳しい情報がある。また、近くこちらにも情報がアップされる予定。

サンプル・アプリはiPhone、iPod Touch(どのモデルでもよい)でテスト可。〔以下英文〕

The new support for iPhone applications in the Flash Platform tooling will not allow iPhone users to browse web content built with Flash technology on iPhone, but it may allow developers to repackage existing web content as applications for iPhone if they choose to do so.

Flash Player uses a just-in-time compiler and virtual machine within a browser plug-in to play back content on websites. Those technologies are not allowed on the iPhone at this time, so a Flash Player for iPhone is not being made available today.

Flash Professional CS5 will enable developers to build applications for iPhone that are installed as native applications. Users will be able to access the apps after downloading them from Apple’s App Store and installing them on iPhone or iPod Touch.

Direct links:

Chroma Circuit
Trading Stuff
Ficklebox
Just Letters
South Park
That Roach Game
Red Hood

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01