[CG]パニック映画「2012」の出来はヒドい

次の記事

[jp] モバイルコンテンツプレイヤーは、スマートフォンマーケットに「いつ」参入すべきなのか?

[編集部注:こちらこちらの2本をまとめたものです]

パニック映画はハリウッド映画の重要なジャンルだ。CrunchGear でもときどき取り上げる。

しかしパニック映画「2012」については、その荒唐無稽ぶりに堪忍袋の緒が切れてしまったよ。

まず冒頭の予告編を見てごらん。

われわれの酷評はつぎのとおり・・・

1)こんな主人公夫婦なんていない
2)世界がこなごなになっていく中をどうして車なんか運転できるのか
3)シンプソンのマンガに出てくるようなドーナツシーン
4)世界が崩壊しているのにどこを目指して飛行機は飛び立つのか
5)こんなクズみたいな映画によくハリウッドは巨額を投じたものだ

あまりにひどいので、もう一度取り上げる。

この映画のシーンから特殊効果を取り除いたらどうなると思う?

こんなバカみたいな感じになっちゃった・・・

[原文へ]

(翻訳:shiro)