Chrome OSの初期ビルドをRapidshareやDropboxから誰でもダウンロードできるぞ(しかしこれはMGの早とちりでした)

次の記事

AT&TがGoogle Voiceのあごにカウンターパンチ, 「お前は救急車呼び出しまでブロックしてる!」

Screen shot 2009-10-14 at 2.01.31 PM

昨日今日とJonathan Fredericksonの打球は必ずヒットだ。Chromiumのビルドサイトにあった”chromeos”フォルダのことを報じた本誌の最初の記事を読んだ彼は、そこにあったコードを自分のLinuxの上で 実際に動かしてみた。そして今日彼がやったのは、Googleがたぶんやらなかったことだ。彼は、Chrome OSのビルドを誰もがダウンロードできる形で提供した。〔訳注: 原文のコメントが指摘しているように、OSのビルドではなくて、Chrome OSの上で動く(≒Linuxの上で動く)ブラウザのビルドである。〕

Fredericksonは、彼がダウンロードしたファイルを、誰もがアクセスできるRapidshareの自分のアカウントに置いた。それはここにある。〔彼は同じファイルをDropboxにも置いた。.debファイルなので、UbuntuなどDebian系のLinux配布系(“ディストリビューション”)の上でインストールできる。〕

Googleはこのことを喜ぶだろうか? 本誌の記事の直後にフォルダを削除したぐらいだから、それはないだろうね。でも、オープンソースだから何が起きても…、ね。

なお、もちろん、これをインストールして動かせるのはLinuxの上だ。

おまけとして、Fredericksonが送ってくれたスクリーンショット をお見せしよう。Chrome OSのブラウザは、テーマによる変身ができるようだ。下の2つが、そのスクリーンショット。

chromeostheme

chromeostheme2

[原文へ]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))