スクリーンショット入手!―Googleの音楽サービスはこんな雰囲気に

次の記事

nookとその仲間たち―最新eブックリーダー、スペック比較表

近々立ち上げが噂されているGoogleの音楽サービスだが、関係しているといわれる各社、Google、LaLa、MySpace、iLikeはわれわれの取材に対し、そろって「ノーコメント」あるいは完全な沈黙を守っている。しかし新サービスのローンチはもう間違いない。10月28日に発表会が行われる予定で、それに備えて関係者に送られた新サービスを紹介するスクリーンショットを入手することに成功した。

情報源によると、Googleで4大メジャー音楽レーベルとの交渉にあたったのは製品マーケティング・マネージャーのMatt Gheringらだという。レコードレーベルを始め、関係著作権者にサービスの概要を紹介するためスクリーンショットを送付したのはこのGheringらしい。

最初のスクリーンショットはGoogleでU2を検索した結果。4種類のストリーミング・メニューに加えて左側にバンドの写真が表示されている。ユーザーはiLikeまたはLaLaを通じて音楽を聞くことができる。検索結果の曲のどれかをクリックすると該当する音楽サービスのプレイヤーがブラウザにポップアップして再生が始まる。同時にダウンロードで曲を購入するオプションも表示される。

このスクリーショントが本番用の最終版かどうかは分からない。しかしGoogleが関係者にサービスの紹介のために送ったものであることは間違いない。

現在われわれが入手している情報を整理したうえで改めて記事を書くつもりだ。しかしLaLaとiLikeがたいへんな成功を収めたことだけは確かだ。この提携で両サイトには巨大なトラフィックが流れ込むはず。われわれはMySpaceをいろいろ批判してきたが、すくなくともiLikeの買収は先見の明があったようだ。

スクリーンショット:Google検索結果

スクリーンショット:iLikeプレイヤー

スクリーンショット:LaLaプレイヤー

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01