Google Social SearchをWeb 2.0 Summitで発表–ユーザのSNSから検索結果を取り出す

次の記事

GoogleとBingがTwitterやFacebookのリアルタイムデータの激流で泳ぐ–わくわくするような検索結果になるかな

今日(米国時間10/21)サンフランシスコで開かれたWeb 2.0 Summitで、GoogleのMarissa Mayerが飛び入りでステージに登場し、新製品を紹介した。最初に彼女は、GoogleとTwitterの交渉がまとまったことを発表したが、それは今朝彼女がブログにも書いていたことだ。その直前には、BingとTwitterのやはり同様の契約が発表された。

しかしMayerは、ほかのおみやげも持参した。それは、”Social Search”と呼ばれるGoogleの新製品で、近くGoogle Labsで立ち上げられる。この新しい機能は、検索結果をユーザが所属するソーシャルネットワークの人たちから取り出す。まずGoogle Profileを見てそのユーザが属するソーシャルネットワーク…たとえばFriendFeed…を見つけ、そこに今いるユーザの友だちを見つけ、それらの人たちからの結果を返す。

このような検索では、ローカルな情報とともに画像検索も重要だ。Mayerと、ステージに登場したもう一人のGoogle社員もそう言った。

Mayerが言わなかったこととしては、この検索が使えるのはデータがオープンなネットワークの場合のみだろう。たとえばFacebookのソーシャルグラフのような非公開データは、結果に現れないはずだ。

立ち上げは数週間後だそうだ。この実験は今のところ、それをOKしたユーザだけが対象だ(オプトイン(opt-in)だ)、とMayerは言っている。

John BattelleがMayerに、TwitterはGoogleにどう関わるのかと聞いた。Mayer曰く、それは通常の検索結果に一体化されるだろう。その中心的な機能は、最新のニュースや話題について、まだ記事やブログが書かれていない段階で情報を得ることだ。

MayerはTwitterとの契約の詳細を、せがまれても明かさなかっただろうが、ただ一言、“財務的な条件”とだけ言った。つまり、お金がものを言ったと。対照的に、FacebookとBingの契約では、金は問題にならなかった。FacebookのCOO Sheryl Sandbergが今朝言ったように、”うちはデータで金を儲けるつもりはない“のだ。

[原文へ]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))