AmazonがMySQLデータベースのホスティング(クラウドサービス)を開始

次の記事

TwitterとY Combinatorが提携してスタートアップたちにストリームへの優先アクセスを提供

AmazonはAWSの一連のサービスの一環として、関係データベースホスティングサービスAmazon RDSを立ち上げた。このサービスはMySQLのインスタンスを提供し、ユーザはこのDBの全機能を利用でき、アクセス権等も通常のローカルな使用時と同じになる。インスタンスの作成は容易で、ほとんど瞬時に可利用になる。料金は最小構成の場合で1時間11セント(下表参照)、今すぐにでもAWSのサイトで利用できる。

完全なスケーラビリティをもつDBホスティングサービスは、大規模なクラスタを共有環境へと抽象化して顧客に提供するが、Amazonのやり方は要求に応じて顧客自身が段階的にサービスの大きさを選ぶ。各段階の名前は、まるでファストフード店のハンバーガー(等)のサイズの表記そっくりだが、メニューは次のようになっている:

名前 メモリ コンピュータ 料金 1時間当たり
Small DB Instance 1.7 GB 1 ECU $0.11 USD
Large DB Instance 7.5 GB 4 ECUs $0.44 USD
Extra Large DB Instance 15 GB 8 ECUs $0.88 USD
Double Extra Large DB Instance 34 GB 13 ECUs $1.55 USD
Quadruple Extra Large DB Instance 68 GB 26 ECUs $3.10 USD

このほかに、ストレージは別料金で、Gb/月あたり10セントだ。あらかじめ量を指定し、使用量がオーバーしても自動増は行われない。さらにリクエスト処理も別料金で、100万リクエストあたり10セントだ。

指定したストレージの量と同量のバックアップスペースが無料で提供される。使い方は完全バックアップでもスナップショットでもそれはユーザ次第だ。バックアップスペースの追加料金は月額15セント/Gb。データ転送は通常のAWSの料金で、AWSのサービス間なら無料だ。DBがAWSにあって、Webサーバはどこか別のホスティングサービスの上にある場合は、もちろん両者間のデータ転送は有料だ。

AWSは多様なサービスを提供しているから、RDBMSのフルホスティングもあって当然のようなサービスだ。AWSに前からあるSimpleDBサービスは、[キー:値]というペアデータの集まりを保存してくれる。

RDSのことを初めて聞いたときの印象は、MySQL付きのEC2のインスタンスを定義済み構成済みの形で提供するのかな、と思った。それならDBのインスタンスを作って始動するタスクが簡単になるが、リソースの割り当てが要求に応じて自動的に伸縮するスケーラビリティは期待できない。ただしそのために、サードパーティのAWS/EC2付加価値サービスを利用する手はある。たとえばFathomは、AWSとEC2を使ってDBの作成と管理をやってくれる。

このサービスでは、ユーザのアプリケーションがリソースの要求量を認識し、適切なAPI呼び出しにより、「ふつう」から「ダブル」へ、あるいは「ビッグマック」へと、利用するサービスの大きさをタイミング良く切り換えていく必要がある。AWSのそのほかのサービスと同じくRDSも、デベロッパが使うための構築部材をいろいろ提供している。

アップデート: AmazonはAWSのブログで、このサービスを公式に発表している

[原文へ]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))