DroidのGPSを使ったGoogle Mapsナビはスーパー・クール!

次の記事

ターミネーター知事、カリフォルニア州議会に公文書でF*** Youと宣言

Android携帯への乗り換えを考えているが、まだ踏み切れないでいる読者にお知らせがある。Google Mapsのナビ・アプリはスーパー・クールだ! このアプリはAndroid2.0携帯でしか利用できない。

今日はMotorola/Verizonが満を持してAndroid 2.0携帯を発表するDroidデーだ。Googleはパートナーに注目が集まるよう、おおむね後ろに控えて黒子の役割に徹している。しかしDroidこそAndroid 2.0 OSを走らせる最初のAndroid携帯端末であり、Google Maps Navigationは間違いなくこの製品の目玉アプリだ。

Google Mapsはさまざまな機種の携帯を合計してすでに5千万のユーザーがいるとGoogleでは発表している。しかし今日発表されたGPSナビは今までユーザーが利用してきた地図アプリとはまるで比べものにならない高い水準にある。

第1に、このナビはインターネットに接続している。現在ほとんどのカーナビはインターネットに接続できない。(Dashは重要な例外)。

そして何より、このアプリは完全に無料だ。当然、有料のアプリ(Navigon、TomTom、CoPilot、MapQuest、GoKivo、Sygic Mobile)は即刻、不利な影響を受けるだろう。

しかし仮にGoogleがアプリに課金したとしても、やはり優位であることに変わりはない。音声検索を始め各種の目的地検索(住所を知っている必要がない)、交通情報(公的機関の情報、プラス、アプリのユーザー・ネットワークからの情報)、 目的地付近でのストリート・ビューの詳細写真の表示などの便利な機能に加えて、車載利用モードでは大きくシンプルなアイコンが表示され、自動的に音声案内モードに切り替わる。(ビデオ参照)

自然な文で検索 住所を知っている必要がない。企業名やブランド名(「スターバックス」と入力するだけでよい)、店の種類でも検索できる。(「タイ・レストラン」など)。通常のGoogle地図検索と同様。

音声検索 目的地をタイプ入力する代わりに音声で入力できる(英語のみ)。“Navigate to the de Young Museum in San Francisco”〔サンフランシスコのデヤング美術館までの道案内〕などと吹き込む。

交通情報 現在の交通状況によって、目的地までのルートが緑、黄、赤で表示される。画面にワンタッチするだけで前方の交通状況が分かる。

ルート沿いの情報検索 目的地までのルート沿いの企業、店舗が検索できる。またガソリンスタンド、レストラン、駐車場など利用頻度の高いスポットを表示するレイヤーが用意されている。

衛星画像 ルートをGoogleの高精細度3Dの衛星写真で見ることができる。

ストリートビュー Googleストリートビュー写真のレイヤーが用意されている。目的地に近付くとナビは自動的にストリートビュー・モードに切り替わる。

車載(ドック)モード Droid用車載ドックにセットすると、手を触れずに利用できるよう、大きなアイコンと音声で案内する車載モードに切り替わる。

下の公式ビデオではDroidのドックモードも紹介されている。その下に写真ギャラリー。

Google Mapsナビのデモ

公式Google Navigation紹介ビデオ

Google Maps Navigationスクリーンショット

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01

“DroidのGPSを使ったGoogle Mapsナビはスーパー・クール!” への9件のフィードバック

  1. […] Googleが今日(米国時間10/28)モバイル用のナビゲーションアプリケーションをリリースし、GarminやTomTomのようなGPSナビゲーション企業の株価が急落した。Garminの時価総額だけでも$1.2B(12億ドル)が削り取られたことになる。同社の株価は16%以上下落し、31ドル60セントとなった。TomTomは21%下がって8ドル11セントになった。 […]

  2. Googleナビアプリの実力は?…

    ●DroidのGPSを使ったGoogle Mapsナビはスーパー・クール!

    ●Googleの無料ケータイナビで有料ナビアプリ企業が存亡の危機に

    いよいよGoogleのAndroid携帯がカーナビアプリを搭載してきました。
    欧米で主流のPNDと呼ばれる簡易ナビには破壊的な影響力を与えそうです。
    日本の高機能ナビにはまだ及びませんが、このコストパフォーマンスは圧倒的で、これからAndroidアプリが深化していくことを想定すれば日本メーカーも戦々恐々としていることでしょう。
    個人的にアル…

  3. […] DroidのGPSを使ったGoogle Mapsナビはスーパー・クール! | TechCrunch Japan […]

  4. […] DroidのGPSを使ったGoogle Mapsナビはスーパー・クール! | TechCrunch Japan […]

  5. […] DroidのGPSを使ったGoogle Mapsナビはスーパー・クール! | TechCrunch Japan […]

  6. […] 私はAndroid 2.0向けのGoogle Mapsナビゲーションシステムのプレス発表の資料を整理していて、ふとこのビデオに気付いた。GoogleのCEO、Eric Schmidtがクラウド・コンピューティングとモバイル・プラットフォームの統合について語っている部分だ。 Android始め、モバイル・プラットフォームは現在非常に強力になっています。もしこのプラットフォームからクラウド・コンピューティングを利用すれば、ほとんど魔術のようなクライアント・アプリが作成できるはずです。これはまったく明白な事実です。現在、いろいろな問題があるからといって、それらに想像力を縛られてはいけない。携帯デバイスを、いわゆるクラウドに接続することで、ユーザーに巨大なメリットを提供することができる。それも無料がいい。ユーザーは無料が好きだ。ユーザーが集まればわれわれは広告収入でコストをまかなう方法を考えられます。 […]

  7. […] Mapsを利用したスーパー・カーナビ・アプリがAndroid向けにリリースされて大評判になった。残念ながら、このときのバージョンはAndroid […]

  8. […] Nexus Oneには2種類の充電用ドックが用意されている。どちらも摩擦なしのタッチポイントで給電する。通常の充電器は上で紹介したように目覚まし時計アプリを起動する。自動車用の充電器はGoogleのキラーアプリであるカーナビ、Google Navigationを起動する。充電器を接続するだけでNexus Oneはインターネット・カーナビに変身する。 […]

  9. […] しかし問題が一つある。TeleNavのGPSナビはナビ専用機に比べれば確かに安いが、今では、無料という強敵がどんどん増えている。Google、Microsoft、Nokiaなどはみな、スマートフォン上にナビ機能を提供し、それに対し課金はまったくしない*。Android機の上のGoogle Maps Navigationは、とくにすごく、旧業界にとって破壊的だ。Googleがこのアプリケーションを発表したときは、GarminやTomTomのようなナビ専用機メーカー企業の株価が急落した。その後TeleNavが上場したときも、IPOの株価範囲額を11〜13ドルから8ドルに下げざるを得なかった。最近では、同社の株は8ドル50セントあたりで売り買いされている。〔*: GPSの利用に関して携帯キャリアが課金するという旧慣行(TeleNavなどが依存)が、そもそもオカシイといえる。〕 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中