TomTom
Garmin

Googleの無料ケータイナビで有料ナビアプリ企業が存亡の危機に

次の記事

中国のインターネット:「模倣」が勝つ理由

Googleが今日(米国時間10/28)モバイル用のナビゲーションアプリケーションをリリースし、GarminやTomTomのようなGPSナビゲーション企業の株価が急落した。Garminの時価総額だけでも$1.2B(12億ドル)が削り取られたことになる。同社の株価は16%以上下落し、31ドル60セントとなった。TomTomは21%下がって8ドル11セントになった。

しかもこれはAndroidだけのアプリケーションだ。しかし今後Googleはほかの機種用のバージョンも提供するだろうから、そのことが投資家たちを悩ませている。GPSナビゲーションアプリケーションは、ケータイ用のアプリケーションの中でもとくに高価で儲かる製品だ。TomTomのiPhoneアプリケーションは国別になっていて、50ドルから100ドルもする。

Googleは、それらよりずっと優れていると思われる製品を無料でリリースすることによって、それまでのGPSナビゲーション企業をKOしてしまった。それはスタンドアローンのナビゲーションアプリケーションではなくて、GoogleがそれまでWeb上に提供してきたさまざまな資源…Google Maps、ストリートビュー、音声認識、高度な検索機能など…を利用している。“パロアルトのPizza Hutのお店はどこにあるか?”、Googleの検索がこの質問に答えられないなら、Googleのナビゲーションアプリケーションにも答えられない。GarminやTomTomは、このようなWeb全域を対象とする計算処理能力に太刀打ちできない。

それにGoogleには、このナビゲーションアプリケーションを無料にすることにメリットがある。同社がこれまでWebのために作ってきた数多くの技術の利用度を上げるし、ますます多くの人がWeb対応のケータイを使うようになれば、その上で地域に関する検索をする人も増える。そしてもちろん、Googleのドル箱である検索広告の売上も増える。

[原文へ]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

“Googleの無料ケータイナビで有料ナビアプリ企業が存亡の危機に” への11件のフィードバック

  1. […] Googleの無料ケータイナビで有料ナビアプリ企業が存亡の危機に […]

  2. […] Googleの無料ケータイナビで有料ナビアプリ企業が存亡の危機に | TechCrunch Japan コメントを書く « ナビシステムが変わる! […]

  3. […] Googleの無料ケータイナビで有料ナビアプリ企業が存亡の危機に | TechCrunch Japan […]

  4. 今年の冬はAndroidか…

    どのキャリアからどの端末が出るのか。ディジタル・ノマドとしてはのどから手が出るほど欲しい。…

  5. […] 10月28日、GoogleからAndroid2.0用ナビゲーションアプリである「Google Maps Navigation」をリリースを発表しましたが、それに伴いこれまでGPSナビ業界をリードしてきたGarminやTomTomといったスタンドアロンGPSナビを開発してきた企業の株価が急落したと「Tech Crunch」の記事では伝えている。 […]

  6. […] Googleの無料ケータイナビで有料ナビアプリ企業が存亡の危機に Googleが今日(米国時間10/28)モバイル用のナビゲーションアプリケーションをリリースし、GarminやTomTomのようなGPSナビゲーション企業の株価が急落した。 […]

  7. lilacstone より:

    グーグルをやっつける方法…

    Google, 無料の音声ガイド付きカーナビをAndroid 2.0に提供
    グーグルが今度はカーナビサービスを始めました。
    しかも無料です。
    ユーザーからすると非常にうれしいサービスですが、カーナビを制作している会社にとっては大変なライバルが現れたことになります。
    無料でこんなことやられたら勝てる訳がない。
    これはカーナビに限った話ではなく、グーグルは色んなサービスを無料にしています。
    昔から言われていることですが、本当に既存のビジネスモデルを破壊していってますね。
    グーグルの行動に戦々恐々としてい…

  8. […] ▼Googleの無料ケータイナビで有料ナビアプリ企業が存亡の危機に (Tech Crunch) […]

  9. […] 3日、グーグルが無料のWindowsおよびMac用の日本語入力ソフト「Google 日本語入力」を公開。ジャストシステムの主力製品ATOKへの打撃になるとの予測から売られたとみられる。10月28日にグーグルが、米国で無料のモバイル用ナビゲーションアプリケーションを公開した際、競合製品を有料で展開しているGarminの株価は16%、TomTomの株価は21%急落しており、ジャストシステムの株価も似た動きとなった。ただ、10%超の下落となったGarminやTomTomに対しジャストシステムは3.93%の下落にとどまっており、比較的下げ幅は小さかった。 […]

  10. Google日本語入力を試してみた…

    Googleが日本語入力IMEを出したそうで、早速インストールして使っています。 今、書いているこの原稿がまさにGoogle日本語入力で書いているもの。 早速例の奴をやってみましょう。 「ATOK2009」と「MS-IME2002」での結果もあわせて紹介。 ATOK 2009 for Windows 通常版販売…….

  11. graygoo より:

    グーグルがカーナビをつくった…

    カーナビメーカー死亡か?
    Googleが今日(米国時間10/28)モバイル用のナビゲーションアプリケーションをリリースし、GarminやTomTomのようなGPSナビゲーション企業の株価が急落した。Garminの時価総額だけでも$1.2B(12億ドル)が削り取られたことになる。同社の株価は16%以上下落し、31ドル60セントとなった。TomTomは21%下がって8ドル11セントになった。
    しかもこれはAndroidだけのアプリケーションだ。しかし今後Googleはほかの機種用のバージョンも提供するだ…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在382人フォロワーがいます。