ターミネーター知事、カリフォルニア州議会に公文書でF*** Youと宣言

次の記事

Neo Technologyがグラフデータベースを商用化–関係DBでは無理なデータを効率的に表現

どう考えてもテクノロジー関連のニュースとはいえない。しかしこの記事はどうしても載せることにした。われらがターミネーター知事、アーノルド・シュワルツェネッガーは、カリフォルニア州議会が可決し、発効のための知事の署名を求めて送付してきた財政改革法案、AB 1176に拒否権を発動した。 その決定を伝える書簡はきわめてぶっきら棒な文言だ。ところが、その書簡の左端の文字を縦読みすると、さらに知事の真意が明確になる! 

シュワルツェネッガー知事と州議会との長い確執は周知のことだ。しかし今回はそれに伝説が付け加えられた。歴史に残る快挙といってよい。

私もTechCrunchの記事で同様な偉業が達成できればよいのだが。

大騒ぎの詳細はSF Chronicleで。

さて、では通常の番組に戻ります。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦/namekawa01