本誌モバイル担当ライターの比較試用体験記: iPhone 3GS vs. Motorola Droid

次の記事

Googleの行動ターゲティング広告は失敗か?–AdSenseサイトの25%しか採用していない

世の中が、急に騒々しくなったね。なにしろMotorola Droidは、モバイル世界の大事件だそうだ。偉大なるスマートフォンの神様が天上から遣わした最後の究極の創造物が、われわれをすべての悩みから救ってくれるというわけだ。それは毎朝食事を作ってくれるし、夜はベッドメイキングをしてくれる、しかもたぶん…あくまでもたぶんだが…あの高慢ちきなiPhoneの鼻をへし折ってくれるのだ。

発売の1週間も前から(Verizonのマーケティングキャンペーンがものすごくしつこいので)、次から次と、友だちに電話やTwitterでDroidのことを尋ねられる。その質問は、次の2つに要約できる: 1)“Droidをどう思う?”、2)“きみならiPhoneよりもDroidを人にすすめるかい?”。こんな質問を何度も何度も尋ねられた。

ぼくはここ数日、Droidをメインのケータイとして使ったから、今やっと、彼らの質問に答えられるかもしれない。

まずぼく自身について:

ぼくも一人の人間にすぎないから、2つの電話機を完全に客観的に比較することは不可能だ。だからここでぼく自身について正直に述べておくと、読者はぼくという人間の偏りを推察しながら以下の記事を読めるだろう。ぼくはこの2年間、メインのケータイとしてiPhoneを使っている(自費で買ったもの)。しかし職業柄、Palm Pre、Nokia N97、BlackBerry Tour、T-Mobile G1、HTC Touch2などもよく使う。趣味でiPhoneのアプリケーションを作っている。今回使ったDroidは、Motorolaからの試供品だ。

ルックス:

sidebysidea

iPhoneとDroidの美学を比較するのは、不可能ではないにしても、あまり意味がない。Angelina JolieとHalle Berryのどっちがゴージャスかという議論と同じだ。どっちも、それなりにすばらしい。iPhoneのデザインはつや(光沢)と曲線が主体で、ソフトな親しみやすい印象を与える。Droidはすっきりとした直角が主体で、究極の工業デザインという感触だ。

全体的なデザインが互角だとすると、あとは細部を見るしかない。Droidのケース、カメラボタンのゴールド、5方向のダイヤルボタン、それに裏側のケースなどは、ややださい印象を与える。それに対してiPhoneの下部ケースのつやつやつるつるは、きれいにしておくのが不可能で、いつも指紋だらけになる。

勝者: 引き分け。どちらも、とってもゴージャス。それぞれの欠点は些細なものばかり。

オンスクリーンキーボード:

iphonekb droidKB

iPhoneの成功でタッチスクリーンがスマートフォンの標準装備と見なされるようになり、そこでAndroidもG1の発表の直後にオンスクリーンキーボードのサポートを実装した。しかし最初のそれは、えー、ひどいものでした。

しかしDroidが搭載しているAndroid 2.0の標準ビルドでは相当良くなっている。ぼくの場合、テキストの入力速度はiPhoneとDroidでほとんど変わらない。この2年間毎日のようにiPhoneのキーボードを使ってる人間がこうだから、Androidのオンスクリーンキーボードはかなり優秀なのだと思う。

ただし、ミスタイプを指摘修正してくれる自動入力補正機能は、iPhoneのほうがやや上だ。とくに、候補の多い短い単語では、iPhoneの性能が良いようだ。

勝者:小差でiPhone。ミスタイプ補正機能が、やや良い。

物理キーボード:

keyboard

物理キーボードは絶対に必要、という人は多い。iPhone以前はもちろんのこと、iPhone後の2年間も、ほとんどのスマートフォンに物理キーボードがある。Droidにもある。iPhoneにはない。だから勝負は成立しない。

でも、Droidのキーボードはそれほど素晴らしくはない。ひどくもない。どう見ても平均的だ。ボタンは互いにぴったりと完全に平面状だから、2つのボタンを同時に押してしまうことがしょっちゅうある。

過去数年間のケータイと比較すると、DroidのキーボードはG1やHelio OceanやBlackBerry Curveよりも良いが、Danger Sidekick、BlackBerry Tour、HTC Touch Pro 2ほど良くはない。

勝者: デフォルトでDroid。

ブラウザ:

iphone browse andridbrowse

Webの標準規格への準拠性を調べるAcid3のテストでは、iPhoneが満点の100点に対しDroidは93点だ。だからその点ではiPhoneの勝ちだが、具体的な印象ではどうだろう。

でもやはり、個人的にはiPhoneがいいね。Acid3の結果が示しているように、ページのピクセルの描画が完璧だが、Droidはときどき間違える。奇妙なことに、ポートレートモード(縦長)よりもランドスケープモード(横長)のほうがページがより正しく描かれる。しかし勝敗を決めたのはブラウザにおけるマルチタッチだ。とくにズームは、キーボード操作よりは画面タッチのほうが正確にできるから、iPhoneが大きく有利だ。

iPhoneのブラウザはしかも相当速い。同じWiFi上のページ読み込みは、iPhoneのほうが15から30%は速い。

勝者: iPhone…マルチタッチとページロードの速さとWeb標準への準拠度。

ナビゲーション:

Screen shot 2009-10-30 at [ October 30 ] 7.28.42 PM

地図や方向の機能では両者はほぼ互角だが、音声ガイド付きのいわゆるナビ機能になると話は全然違う。

iPhone 3GSでもGoogle Mapsは使えるが、それには今のところ音声ナビはない。App Storeにはそのためのアプリがいろいろあり、お値段は数ドルから99ドルまでさまざまだ。

DroidにもGoogle Mapsはあるが、しかしそれはナビ付きのGoogle Mapsだ。そしてこいつが実にすごい。iPhoneのMapsアプリにできることはほとんどできるし、そのほかのいろんな設定もできる(交通量を見せる/隠す、航空写真、Wikipediaの項目、公共交通機関)し、位置共有サービスGoogle Latitudeをサポート、そして極めつけは完全無料の音声ガイド付きナビだ。音声で位置を検索できるが、それはAppleがiPhoneに音声認識を加えたときになかったから、意外に思った機能だ。

ブラウザの場合と同じく、Mapsでもマルチタッチがないのは残念だ。でも、無料の音声ナビの前では、そんな欠点はどこかへ吹き飛んでしまう。

勝者: Droid。ぼくが使ったことのあるiPhone上の有料アプリケーションはどれも、Googleが無料で提供しているものの使いやすさと機能性には達していない。

ロック画面:

iphoneunlock Androidunlock

ロック画面とは、ケータイをロックしているときに表示される画面だ。Droidにはユーザが一瞬でケータイを無音にできるボタンがあって便利だが、iPhoneも本体側面にそのためのスイッチがあるから、その点ではほぼ互角。購入時の状態では、どちらのロック画面もださいね。

しかしこれもまた、DroidがiPhoneをしのいでいる部分の一つだ。Androidのオープンな性格が有利に働いている。Android Marketへ行くと、ロック画面の機能を拡張できるいろんなアプリケーションが手に入(はい)るのだ。たとえば、ウィジェットを使うFlyscreen

それはiPhoneでもできるが、牢破り(jailbreaking)が必要。Appleは牢破りは不法行為だと言いたいらしいから、それとGoogleのカタログに正規に載ってるものとを‘互角’と言うわけにはいかない。

勝者:Droid。

電池寿命:

lemon

告白すると、Droidの正式な電池寿命テストはまだやってない。しかも、iPhoneでもやってない。しかし両機をどちらも一日中使うと、両方とも蓄電量50%になる。数日間、毎日そうだった。だから電池寿命はDroidもiPhoneもほぼ同じだろうと思う。Droidの1400mAhの電池はiPhoneの1150mAhよりやや大きいが、マルチタスクは電池を食うから結局互角だろう。正式テストなしで、勝負は引き分けと判定したい。

勝者:引き分け。

アプリケーションストア:

iphonestore androidstore

Googleに集まっているアプリケーションは約1万本だが、AppleのApp Storeにはその10倍の10万本がある。

もちろん、量イコール質ではない。App Storeで長時間ひまつぶしをした人はよく知っていると思うが、「だめなの」と「ひどくだめなの」が圧倒的多数を占める。それはAndroid Marketでも同じだ。しかし両者とも、優れたアプリケーションも多い。とくに生活や仕事などの日常的なニーズを満たすアプリケーションは、どちらにも、とても良いものがある(それほどでもないのも揃っているが)。

Android Marketの最大の強みはオープンであることだ。Googleは、明らかに不法なものや悪意あるもの以外は何でも許す、という最初の姿勢を貫いている。技術者のコミュニティはこういうオープンな姿勢を非常に重視し尊重するが、でもアプリケーションストアの成否を決めるのは一般消費者の視線だ。つまり、お金を払うのは誰か、ということ。そもそも一般消費者は、Appleが拒否したアプリケーションにそれほどの関心を持っていない。いくらでも長くなりうる議論を、超短く言うなら、うちのおばあちゃんはGoogle Voiceのことなど全然気にしていない。

両方のストアで長時間過ごした感想としては、率直に言って、アプリケーションの揃いぐあいや全体的な質ではApp Storeが相当上だ。いまのところ、どこを見ても、どこから話を聞いても、大手のデベロッパたちはAndroidよりもiPhoneのアプリケーションに大きく注力している。

だから量でも質でもiPhoneのリードはとてつもなく大きいが、Andoroid機がフィーチャーフォン(feature phone, 低価格の多機能機)でなく本物のスマートフォンで市場を席巻したら、そういううんと遠い将来なら、iPhone App Storeに追いつくかもしれない。

勝者: iPhone。

カスタマイズ:

スマートフォンは人間の5本目の手足だ。そんなものが必要だとは誰も思わなかったけど、どこへ行ってもついてくるし、今では毎日の生活に欠かせないぐらい、いろんな役に立つ。そこで多くの人が、自分の手足を鍛えるように、自分のスマートフォンを自分だけの目的のためにカスタマイズしようとする。

iPhoneのカスタマイズは、がっくりするぐらい限られている。ロック画面の壁紙を好きなのにできる。着信音を変えられる。それから?、そう、これだけだ。テキストのアラート(通知)に音を付けられるか? ノー。メールのアラートには? これもだめ。iPhoneが1998年のNokiaなら、これでもいいんだけどね。

Androidのカスタマイズも、できないことがないわけではないが、基本的なことはすべてOKだ。メールやテキストのアラート、アプリケーションのアイコン、着信音や壁紙、どれも変えられる。

勝者: Droid。

画面:

iphoneres droidres

iPhoneは3.5インチ、480×320のタッチスクリーン、Droidは3.7インチ、854×480のタッチスクリーンだ。Droidの画面はそれほど大きくないが、画素数はiPhoneより160%も多い。で、結果は? Droidの画面は、びっくりしてあごが外れて気絶するぐらいすばらしい、お見事だ。

でも、iPhoneの画面がダメだという人は一人もいない。10秒以上時間をおいて比べたら、ほとんどの人が違いに気づかないだろう。両機を並べて比較したら、違いははっきり分かる。Droidの文字はくっきりしているし、曲線はずっと曲線らしい。

勝者: Droid。

インタフェイス:

これは重要な要素だが、リビューでは取り上げられないことが多い。過去10年間、Appleはたった一つのことだけを何度も何度もやってきた。それは、みんながこれでいいと思っているものを取り上げて、機能は維持しながらそれを単純化することだ。スマートフォンに対してそれをやった結果が、iPhoneだ。そして、市場を完全に変えてしまった。突然、Windows Mobileが不格好なものに見えてきて、Nokia S60がものすごく使いづらく感じられてきたのだ。

Androidは、バージョン2.0でもまだ、iPhoneの使いやすさには達していない。iPhoneで設定を変えたいと思ったら、すぐにやり方が分かる。Settings(設定)だ。Androidでは、いろんなところでいろんなものを設定する。

iPhoneは小さな子どもに与えても、すぐに使い方をおぼえる(ぼくは実際にやってみた)。iPhoneの最大の魅力が、使いやすさだ。

勝者: iPhone。

マルチタスク:

Droidでは、Facebookのアプリを見ながらPandoraを聴くことが出来る。iPhoneではできない。以上。

勝者: Droid。

結論:

比較項目はもっともっとたくさんある。今ぼくの頭の中にも、あと10ぐらいはある。でも、両者横並びで比較するのではなく、DroidはiPhoneを追ってる立場だということを忘れてはいけない。リモートワイプ〔紛失した場合のデータ消去〕とGPSの位置機能は? Droidだ。オンデバイス検索は? Droidの勝ちだ。音声制御、コンタクト(連絡先管理)、カバレッジ(通信範囲)、起呼の品質は? Droid、Droid、Droid、Droidだ。

そこで、最初の二つの質問に戻ろう:

Get it? He's on the fence. HAH.

彼も今フェンスの上でどっちへ行こうか迷ってるのさ

Droidをどう思うか? すばらしい。文句なしに今のAndroid機のベストだ。DroidがというよりAndroid 2.0がすばらしいという面も大きいが、しかしハードウェアもこれまで見たどのAndroid機よりも桁違いに良い。

iPhoneよりもDroidを人に薦めるか? 長々と書いてきたわりには悲しい結論だが、答えはノーだ。ただし、DroidよりもiPhoneを薦めるかという質問に対してもノーだね。iPhoneと同格に、日常の常用機として使えると堂々と言える機種が、iPhoneの2年後にやっと出たと言える。でも、万人におすすめとは言えない。

どの機種にも、圧倒的な強みというものがある。Android機はナビゲーションが良い。iPhoneはブラウザが良い。Android機は拡張性と柔軟性では誰にも負けない。iPhone OSはうっとりするぐらい使いやすいし、App Storeの成長ぶりは爆発的だ。

Android 2.0で僕たちは難しい岐路に立たされた。たったの一機種を誰にでも薦めてればいい、という超簡単で楽な時代は終わった。これからは、人を見て、薦める機種を決めなければならない。親愛なるTechCrunchの読者なら、iPhoneよりもDroidを薦めたい。しかし、読者のお父さんやお母さんや小さな妹なら、Droidはノーだ。とにかく、簡単に使えて、やりたいことができればいい、Appleの偏屈な社風なんかどうでもいい、オープンでもクローズでもどっちでもいい、…という人なら迷わずiPhoneだ。柔軟性のベースにある複雑性を我慢できる人、システムや機械類をいじくるのがニガテでない人なら、文句なしにDroidだ。でも、正直に言うと、誰がどっちを選んでも、その人は必ず幸福感に満たされると思うけどね。

sidebysideb

[原文へ]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

“本誌モバイル担当ライターの比較試用体験記: iPhone 3GS vs. Motorola Droid” への19件のフィードバック

  1. […] 本誌モバイル担当ライターの比較試用体験記: iPhone 3GS vs. Motorola Droid がんばってやってるぞ。 […]

  2. […] 本誌モバイル担当ライターの比較試用体験記: iPhone 3GS vs. Motorola Droid | TechCrunch Japan […]

  3. htomine より:

    >でも、正直に言うと、誰がどっちを選んでも、その人は必ず幸福感に満たされると思うけどね。

    すばらしい時代だ!

  4. […] 6.本誌モバイル担当ライターの比較試用体験記: iPhone 3GS vs. Motorola Droid(10/31) […]

  5. jcal より:

    Droid欲しいな、日本で発売してくんないかな?

    SonyEricsonのはプリインストアプリが多そうな気がするし。

  6. […] TechCrunchでは、あくまで著者の視点と断りながらも、iPhone 3GSとMotorola Droidの比較をおこなっています。 […]

  7. […] iPhone との比較も花盛りで、Greg Kumparak(MobileCrunch)の渾身のレポートは読み応えがある。 […]

  8. […] インボックスが悲鳴を上げている。先週の「本誌モバイル担当ライターの比較試用体験記: iPhone 3GS vs. Motorola Droid(iPhone 3GS vs Motorola Droid Smartphone Showdown)」には、ほとんど掲載の直後から、メール、電話、TwitterのDMなど、ぼくのあらゆるコミュニケーション窓口に大量のコメントや質問が怒濤のように押し寄せた。メールなんか、とても全部読める量ではない。そのすべてに共通していると思われるのは、たった一つのこと: 「もっと知りたい」だ。…わかったよ。 […]

  9. […] 本誌モバイル担当ライターの比較試用体験記: iPhone 3GS vs. Motorola Droid | TechCrunch Japan[再掲] […]

  10. […] 本誌モバイル担当ライターの比較試用体験記: iPhone 3GS vs. Motorola Droid | TechCrunch Japan[再掲] […]

  11. […] Droid vs. iPhoneをめぐる論戦が燃えているが、大量のAndroidサプライズが続々出てくるのはこれからだ。まずその最初はGoogle Phone。これはもう噂ではなくて真実だ。 […]

  12. Masa Tsukioka より:

    かっこいいじゃんmotorolla

  13. […] 本誌モバイル担当ライターの比較試用体験記: iPhone 3GS vs. Mot…だが…あの高慢ちきなiphoneの鼻をへし折ってくれるのだ。 発売の1週間も前から(verizonのマーケティングキャンペーンがものすごくしつこいので)、次から次と、友だちに電話やtwitterでdroidのことを尋ねられる。その質問は、次の2つに要約できる:…はてなブックマークより […]

  14. […] 本誌モバイル担当ライターの比較試用体験記: iPhone 3GS vs. Mot…だが…あの高慢ちきなiphoneの鼻をへし折ってくれるのだ。 発売の1週間も前から(verizonのマーケティングキャンペーンがものすごくしつこいので)、次から次と、友だちに電話やtwitterでdroidのことを尋ねられる。その質問は、次の2つに要約できる:…はてなブックマークより […]

  15. […] 本誌モバイル担当ライターの比較試用体験記: iPhone 3GS vs. Mot…だが…あの高慢ちきなiphoneの鼻をへし折ってくれるのだ。 発売の1週間も前から(verizonのマーケティングキャンペーンがものすごくしつこいので)、次から次と、友だちに電話やtwitterでdroidのことを尋ねられる。その質問は、次の2つに要約できる:…はてなブックマークより […]

  16. […] 本誌モバイル担当ライターの比較試用体験記: iPhone 3GS vs. Mot…だが…あの高慢ちきなiphoneの鼻をへし折ってくれるのだ。 発売の1週間も前から(verizonのマーケティングキャンペーンがものすごくしつこいので)、次から次と、友だちに電話やtwitterでdroidのことを尋ねられる。その質問は、次の2つに要約できる:…はてなブックマークより […]

  17. ホクレア より:

    ちょっと質問ですが、このCDMA2000 1xだと日本でもローミングするんですか?

  18. ホクレア より:

    ちょっと質問ですが、このCDMA2000 1xだと日本でもローミングするんですか?

  19. […] 本誌モバイル担当ライターの比較試用体験記: iPhone 3GS vs. Mot…だが…あの高慢ちきなiphoneの鼻をへし折ってくれるのだ。 発売の1週間も前から(verizonのマーケティングキャンペーンがものすごくしつこいので)、次から次と、友だちに電話やtwitterでdroidのことを尋ねられる。その質問は、次の2つに要約できる:…はてなブックマークより […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在382人フォロワーがいます。