今度のSafariのバグはiPhoneユーザの財布に大きな穴をあけるかも

次の記事

Skypeの買収劇はいよいよ「奇怪なサーカス(Cirque Du Freak)」に似てきたぞ

megabyte

iPhoneのSafariブラウザにバグや不正が見つかったという話はたいてい、有能なヒマ人が何時間もかけてやっと見つけたというやつで、ふつうのユーザがたまたま遭遇したというものではない。Appleはそんな不具合を隔離するのが上手だし、iPhoneはユーザ数が多いから、ユーザがわりとよく出会う悪質なバグはこれまでにほとんど洗い流されている。ただし、今度のは違う。

それは誰もがふつうに経験するバグではないし、影響を受けるユーザはそんなに多くないと思う。でも実際に影響を受けるユーザにとっては、このバグは巨額な請求書をもたらすだろう。

この欠陥は、エストニアのAppleサイトAppleSpotが見つけた: ユーザがSafariでMotion-JPEGを使っているサイトを訪れたら(防犯カメラやライブのフィードはよく使っている)、その後ユーザがSafariを閉じてもSafariは帯域を大食いし続ける。Safariは、Appleがバックグラウンドで動かすことを許している数少ないアプリケーションの一つで、Motion-JPEGのストリームは、それが今見てないほかのタブにあったり、アプリケーションを“閉じた”あとでも、ストリーミングを続けるようなのだ。Appleは、Safariがストリーミングを続けることをどこにも明記していない。それにiPhoneのOSはユーザレベルでマルチタスクでないから、ふつうのユーザは状況を理解できない。

このバグはそうしょっちゅう経験するものではないが、単にSafariでMotion-JPEGのストリームを見るだけでなく、そのサイトがある種の従量制の課金サイトだったら、被害が生ずる可能性がある。また、合衆国のように大半のユーザが量制限のないデータ契約でなく、旅先の外国などで従量制のキャリアを使った場合にも、かなりの大金をふんだくられるだろう。

このバグを最初に発見した連中は、1時間で740メガバイトあまりが黙ってストリーミングされたと言っている。データ契約をしていないユーザでこんなことが起きたら、1時間の意図しないデータ利用でだいたい3万クルーン(エストニアの通貨)の料金になるという。USドルでは3千ドル弱だ。それは、ひどい!

[ありがとう、Ronald!]

[原文へ]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))