bump technologies

携帯電話同士を触れ合わせてデータ交換を行うBump、iPhone版に続いてAndroid版もリリース。併せてiPhone版のバージョンアップも発表

次の記事

Intel、罪滅ぼしに12.5億ドルを支払う―AMDへの和解金は売上の12日分

モバイルソフトウェアの開発を行うBump Technologiesが、またもビッグニュースの主人公となった。同社は最近Sequoia Capital主導の投資ラウンドを完了している。このBump Technologiesが開発したアプリケーションは、携帯電話同士を軽くぶつけるだけで連絡先情報(他のデータにも対応している)をやり取りするためのものだ。同アプリケーションは大人気となったが、これまではiPhoneのみでしか動作しなかった。しかしついにAndroid版もリリースされたのだ。またiPhone利用者にも朗報があり、同アプリケーションの1.2版が、Appleにより認可された(こちらに登録されている)。

iPhone用の最新版には「Friend Compare」の機能が付いた。これは携帯をくっつけた者同士のアドレス帳とFacebookプロフィールを比較して、共通の知人がいるかどうかをチェックする機能だ。初対面の人と会う際、この機能をきっかけに話が盛り上がることもあるだろう。また新版ではFacebookとの連携も強化している。即ち誰か他の人とbumpで情報を交換した際、Facebook経由で通知を受け取ることができるようになっているのだ(後に記憶を整理する際に非常に便利な機能だろう)。この通知はニュースフィードに流すか否かを選択することもできるようになっている。またbumpを利用した履歴も確認できるようになった。これは全てを一覧表示させて誰とどこでいつ会ったのかを見ることができる(フィルタリングして情報を簡単に検索することもできる)。

Android版の方はiPhone版に比べてやや開発が遅れている(上に記した機能がまだ実装されていない)。ただしBump 1.1に搭載されていた機能は全てカバーしており、連絡先情報や写真データのやり取りを行うことができる。さらにbumpがクロスプラットフォームになったことにより、Android携帯とiPhoneの間でシームレスに使えるようになったわけだ。これによりbumpの可能性は大いに広がったと見ることができる。さらに対応端末を増やしていくことになれば、携帯電話間で連絡先、写真、あるいは他のデータなどを手軽に交換するためのデファクトの地位を獲得することになるかもしれない。尚、Android版はこちらに登録されている(リンクはAndroid携帯用)。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中