Twitterが位置情報APIを有効に。Twitter.comサイトではまだ。

次の記事

GoogleはChrome OSのシンプルさにこだわる。シンプルすぎるかも。

lskdljsdlflkasd8月にTwitterが、意欲的なプロジェクトを公開する準備が整ったことを発表した。それは「Geolocation」(位置情報)。ツイートの一つ一つに位置情報を付けようという発想だ。今日、同機能のAPIが正式に有効になった。ただしTwitterのメインサイトには、まだ位置情報は入っていない。

つまり、APIを使って作られているアプリケーション ― 例えば、先週プレビューしたBirdfeedなど ― が、最初に位置情報を利用できることになる。Twitterの発表にあるように、Seesmic WebFoursquareGowallaTwidroidTwittelator Pro他いくつかのアプリでも、現在位置情報をサポートしている。

スクリーンショットを見ると、新しく「Enable geotagging」(ジオタグを有効にする)というオプションがTwitterの設定メニューに加わっている。重要なことだが、この機能は完全に「オプトイン」方式だ。さらに、必要ならすべての位置情報を削除するボタンも用意されている。このプロセスは終るまでに最大30分かかるようだ。

注目すべきは、Twitterが位置情報に関する記事のすぐ前に、同サイトの新しいプライバシーポリシーについての記事を忍び込ませたことだ。興味のある人には、新プライバシーポリシーはこちら。Twitterによると、新しい位置情報機能に関わる文言を修正しただけだそうだ。

位置情報は、Twitterの今後の戦略にとって、重要な位置を占めているようだ。位置情報APIだけでなく、位置情報に基づく、よりよいトレンド情報を提供するための新しいAPIもある。

Twitterのプラットホーム担当ディレクターのRyan Sarverがブログにこう書いている。「今回のリリースは、APIのみという点が特徴で、Twitter.comサイトにはまだ何の変更も ありません」。この「まだ」というのがキーワードだ。リスト機能や、現在追加中のリツイート機能など、この数週間Twitterが大規模なUI変更を実施してきたことを踏まえれば、Twitterが今すぐ新機能をメインサイトに載せないのも驚くにあたらない。しかし、いずれはメインサイトでのエクスペリエンツにも加わることは間違いない。

位置情報に興味のある開発者は、Twitter API用Googleグループに今日掲載されたメモも参照されたい。

Twitterが発表にこのタイミングを選んだセンスはなかなか良い。われわれのRealtime Crunchupが明日サンフランシスコで開かれるのだが、Sarverは、位置情報に関するパネル討論メンバーの一人だ。これで彼も何か話すネタができてよかっただろう。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

“Twitterが位置情報APIを有効に。Twitter.comサイトではまだ。” への12件のフィードバック

  1. Twitterの位置情報API公開でリアルタイム検索に場所の要素が追加される…

    Twitterがアプリケーション向けに位置情報APIを公開したそうです。つぶやきの1つ1つに位置情報を追加するこの機能によって、リアルタイム検索に場所という大きな要素が追加されました。
    もちろん以前から位置情報はかなり重要な検索のファクターだったのですが、あくまでも端末の所有者が現在どこにいるかという点でしか検索に反映できていませんでした。このつぶやきごとに位置情報が付加される変更によって、検索の概念がまた大きく変わることは間違いありません。
    リアルタイム検索のアルゴリズムは、 1.時間 2.人のつ…

  2. […] Twitterが位置情報APIを有効に。Twitter.comサイトではまだ。 […]

  3. […] Tweetieの位置情報機能の扱いも、われわれがプレビューした時よりも改善された。このサービスがTwitterによって有効化されたので、自分の各ツイートに位置情報を付加できるようになった。付加するかどうかの設定はTweetieが記憶している。別のiPhone用TwitterアプリのBirdfeedの方が今でもケースバイケースの位置情報対応に優れているが、ツイート全部にジオタグを付けても構わない、という人にはTweetieが頼りになる。 […]

  4. […] Twitterが位置情報APIを有効に。Twitter.comサイトではまだ。(TechCrunch) […]

  5. […] 地図ベースのアプリを作るジオ開発者たちの心理戦が進行中だ。先月Twitter がジオAPIを正式に開始し、SimpleGeoやGeoAPIなどのサービスは、気の利いた位置情報アプリを作りたいスタートアップたちのために力仕事を引き受けようと、サービスを提供している。そしてGoogleも遅れてならじと、Google Maps APIに手を加え、空間検索と検索フィードをサポートした。 […]

  6. […] 一方Facebookは、位置情報への参戦に関しては、足踏みをしている(かなり遠慮した言い方だが)。社内で開発中である、本気でTwitterに勝つ気である、という話を数か月前から聞いているが、どこをどう見てもなにも起きていない。最近聞いたところによると、例のプライバシー問題でそれどころじゃないそうだ。でもそんなFacebookも2010年には必ず、本格的にに位置情報を取り上げるだろう。賭けてもいい。これまで社内でやっていたことがまずければ、さっさと買収作戦に切り換えるだろう。 […]

  7. […] このたび新たに位置情報APIを導入したことによってTwitterには、位置に関連したメッセージを送受できる能力が備わった。しかし今のところは、位置タグの付いたトゥウィートのほとんどが、ふつうのメッセージに位置タグが付いているだけで、とくに位置に関連した機能というものはない。…というところへ、BlockChalkが登場。これは、位置と密接に関連した簡単なメッセージを送れるというサービスだ。 […]

  8. […] Twitterが位置情報APIを有効に。Twitter.comサイトではまだ。:http://jp.techcrunch.com/archives/20091119twitter-location-api/ […]

  9. […] Twitterは昨年、Twitter.comに2つの大きな変更を加えている。「リスト」機能と「リツイート」機能だ。これらに加えてどのような新機能を実装しようとしているのかは想像するしかない。たとえば位置情報機能の実装はあり得るだろう。現在はAPI経由でのみ実装しているが、ウェブ上では未実装だ。 […]

  10. […] そうなったあとで、もっと直接的に共有を訴求すればいい。それはTwitterとは逆のやり方だ…Twitterは最初はもっぱら共有、最近になって位置機能を加えた(Facebookも今年中にそうするだろう)。Googleにとっては、それが理にかなっている。なぜならソーシャルな要素はGoogleの弱点だったし、しかも位置サービスの分野ではまだ、圧倒的な強者が現れていないからだ。 […]

  11. […] Twitterの位置情報機能は去年の11月からAPIを通じて公開されていたが、これまで本体のtwitter.comには組み込まれていなかった。上のスクリーンショットでわかるように、位置情報タグが付加されたツイートには、本文の右側にアイコンが表示され、マウスオーバーすると青に変わる。クリックすると小さなGoogleマップスが表示されて、そこにツイートが送信された場所が表示されるという仕組みだ。 […]

  12. […] Twitterは昨年終り頃から、APIの重要機能として位置情報を追加してきた。今年には、twitter.comでもサポートされた。しかし、この位置情報は都市や地域といった莫然としたものだった。これからはTwitterに、具体的な場所の名前が入る。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中