AppleとAndroid、両者で米国内モバイルトラフィックの75%を占める

次の記事

Chrome OSの戦略的意味―MicrosoftはAppleとGoogleの挟み撃ちに

モバイルウェブの現状を見てみると、ますます二大勢力が影響力を強めていると言って良い。その二大勢力とはもちろんAppleとAndroidだ。AdMobのOctober 2009 Metrics Reportによれば、iPhone/iPod TouchとAndroid携帯をあわせると、米国内におけるモバイルウェブトラフィックの75%を占めている。ちなみにこのデータは取り扱っている全モバイル広告に対するリクエスト数から算出している。iPhone/iPod TouchおよびAndroidの合計シェアは2009年9月の65%から10%の伸びを示している。

個別にみるとiPhoneが他の機種を大幅に上回っている。しかしAndroidが急速にシェアを伸ばして2位の座を確保している。ただしAndroidがシェアを2009年9月の17%から2009年10月の20%に伸ばす中、iPhoneおよびiPod Touchは48%から55%へとより大きく伸びている。一方、同期間に於けるBlackberryのモバイルウェブでのトラフィックは14%から12%へと低下している。またPalmのwebOSも10%から5%となっている(これはかなりの低下率だ)。

世界規模で見ると、全モバイルトラフィック中iPhone OSの占めるシェアが43%から50%へと伸びている。Androidは11%で、これはNokia/Symbianの25%に続く第3位ということになる。またAdMobの統計によれば、全世界のモバイルトラフィック中、米国の占める割合が49%を占めている。すなわち米国内でのシェア獲得比率が、世界規模にも反映することとなる。

この分野では、新たな市場参入者を迎えて地殻変動を起こしつつある時期でもある。Verizonは2週間前にDroidを発表し、DroidだけでAndroidを搭載したモバイルウェブトラフィック中24%を占めるにいたっている。最初にAndroid端末を発表したHTC Dreamのみがシェア36%でDroidの比率を上回っている。今後2週間程度でDroidが首位の座を獲得することも十分あり得るものと思われる。

AdMobは最近$750M(7億5000万ドル)にてGoogleによって買収された。今後もモバイルマーケットにおける獲得シェアデータを公表していってもらいたいものだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)